pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 小久保晴代(こくぼはるよ)

講師のご紹介

小久保晴代(こくぼはるよ)

フリーアナウンサー/健康管理士/運動指導士/「活脳塾」塾長

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

防災士/専門学校お茶の水スクール・オブ・ビジネス/健康・安全衛生講師

名古屋生まれの大阪育ち。
趣味のマリンスポーツを中心とした、各種スポーツ実況・進行、トークショー・キャスター・
イベント司会・ナレーター等のMCとして活躍。
講演会は、実技を交えた分かり易い健康指導で、一般企業、労働組合、商工会、官公庁など
年間講演数100回以上、全国各地で好評を得ている。
特定保健指導業務や、専門学校の講師(社会体育及び安全衛生)、
職場・地域・家庭におけるシュミレーションを取り入れた防災対策指導、
今から始める大人の塾「活脳塾」での運動と脳トレーニングを合わせた指導・
介護状態となることの予防・QOLの向上のための運動指導、
DVDによる現代に合った、活性・リラックスのためのオリジナル体操(バイタリティー体操)を
指導と幅広く活動している。

人間のカラダは、本当にすごいんです。少々のカラダの異変は、自分のカラダで治せちゃう
んです。これが、治癒力。まずは、カラダの仕組みについて正しく理解してください。
理解すると、今の自分のカラダの状態が分かってきます。今、どうすればいいのか?
運動といっても、どれぐらいのレベルを、どれぐらいすればいいのか?などなど。
間違った思い込みは逆効果!なんてこともありますからね。気をつけましょう!
戸籍上の年齢ではなく、筋肉年齢を!講演では、聞くだけ、見るだけでなく、動いて納得!
していただきます。ぜひ、カラダについての正しい知識を身近な人にも教えてあげてください。

講演テーマ

<健康>
高齢者をはじめ働き盛りの方々、また女性など、
それぞれのターゲットに合わせた内容でお話しいたします。
テーマとなる「これからの健康」には、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病における
予防や対策は、もちろん日々のだるさ・肩こり・首こり・腰痛などの肉体的疲労や、
ストレスによる精神疲労や睡眠不足。また運動不足による、体力の減退や太り過ぎなど、
身体の不快現象は溜まる一方です。講演では、その不快現象の原因とその回復方法を、
簡単なストレッチや呼吸法などの実技を交えて、わかりやすく、お教えいたします。
そしてもう一つ忘れてはいけません。高齢社会における、「認知症予防」です。
講演では、今から何をすれば、何に気を付ければ、“認知症”を予防できるのか!をテーマに、
お話してまいります。まず、認知症の事を学び、これからすべき、運動の仕方や、
ゲーム感覚で出来る脳トレなどをご紹介します。
そして実際に、体や脳を使い、認知症の予防法を体験して頂きます。
また、「介護予防」に関する講演では、介護状態となることの予防として、
日常生活の活動を高め、QOLの向上を目指すものとしてどこを、どのような運動で、
どのような事に注意しながら、どのくらい行えばよいのかなど、簡単で、覚えやすい運動を、
実技中心で、行います。
健康維持・増進のために、続けられる内容を、「まずは、ここから!」をモットーに
健康管理士・運動指導士として、わかりやすくご指導させていただきます。

“疲労回復セミナー”
『その日の疲れはその日のうちに解消!~あなたのカラダは、疲れ蓄積型?疲れ消化型?~』
眼精疲労 首・肩のこり 腰痛 足のむくみやだるさ 冷え 消化不良などの不快感は、
“疲労”すなわち血液循環の悪さに原因が!
ストレッチなどの簡単な運動で、疲労!ストレス!不眠を解消。実技を交えてレクチャーします。

『働き盛りの健康管理~生活習慣病対策~』
重篤な病にもつながる生活習慣病。
仕事場でもプライベートでも簡単にできて、続けられる予防・改善法とは?
疲労回復・脂肪燃焼・体力増進・ストレス発散法などを紹介します。(実技あり)

『これからの健康管理~運動と脳トレで活性させましょう~』
これからの生活、快適な日々を送るために・・・
①身体の健康=健康な体をつくるために(介護予防) (実技あり)
 ・食べること、寝ること、歩くことなどの生活習慣の見直し
 ・足・腰や首・肩 関節などの回復運動
 ・心肺機能や血液循環をよくし、体力増進のための運動
②脳の健康=脳の活性(認知症予防) ※予備知識は必要ありません。
 ・脳のトレーニング(簡単な計算や記憶、発声、まちがい探しなどの簡単な筆記トレーニング)
  (日常生活のなかで、使わなくなった脳の働きを刺激させます)

“健康リスクアセスメント”
『今、安全と健康に必要なもの~仕事への活力と疲労からの脱出~』
職場において「安全最優先」の下、「危険ゼロ」を目指すリスクアセスメント。
その中で、重要なポイントとなるのが、労働者の健康です。身体的、精神的疲労は
事故やケガを招きやすいもの。また、メンタルヘルス障害の発症防止において、何をするべきか! 
“安全”と“活力”に必要な「健康リスクアセスメント」をテーマに、レクチャーしていきます。

『身体的不調をとりのぞく方法~視覚・聴覚・嗅覚・呼吸からのリラクセーション~』
日常生活での姿勢や動き、ストレスなどが、身体の緊張を生み、不快感や痛みに繋がることが
あります。自分にあったリラクセーション法を身につけることは、現代社会では必須のスキルと
いえます。職場や家庭で手軽にできる色々なリラクセーション法をレクチャーします。
実際に身体が緩む感覚を体感していただきます。

“メンタルヘルス対策”
『心の健康づくり計画!~メンタルヘルス不調の予防法と早期発見~』
メンタルヘルス障害の予防と早期発見として行う“ストレスチェック”とは?
不調の原因として、「人間関係」「仕事の質・量」「将来性」などの悩みや不安があがります。
身体を動かす機会の減少やコミュニケーション不足などの深刻な状況増加の理由や
発生のしくみを理解した上で、適切な対応策・取り組みを考えます。
予防として、職場でできる運動の工夫から、疲労を取り除き、エネルギーを消費し、
ストレス発散をさせる具体的な実施方法などをレクチャーします。

<防災>
自然災害の危険度が高い日本。地震や津波以外にも、豪雨や台風がもたらす水害や竜巻、
火山の噴火などによる被害も年々深刻化しています。
いつどこで被災するかわからない今、まずは、災害を具体的に正しくイメージし、正しく恐れる。
そして被害想定から、災害時の対応をリアルに考え、防災力を身につけていきます。
公的な援助(公助)に頼り過ぎない、自分と家族の安全(自助)とは?
隣近所または職場での助け合い(近助)(共助)でできることとは?
生き残るための、「わが家の防災マニュアル」“準備しておきたいこと”を、
実際に作っていきます。防災士として、そのマニュアル作りを、お手伝いいたします。

“災害への備え” 
『災害を正しくイメージして、正しく恐れる~冷静に行動をとるために、準備しておきたいこと~』
災害を具体的に正しくイメージ(シュミレーション)することからはじまり、
職場・地域・家庭における、被害想定を考える。
そこから、災害時の対応を、リアルに考え、防災力を身につける。職場など周囲の人々(共助)・
地域の人々(近助)・個人・我家(自助)で、協力してできることとは?
生き残るための「防災マニュアル」“準備しておきたいこと”を実際に作っていきます。

<安全衛生>
職場における労働者の安全と健康を守り、労働災害の防止を目的として実施されている
リスクアセスメント。実はその中で、重要なポイントとなるのが、労働者の健康です。
集中力・注意力の散漫や、疲労困憊、筋力・体力の低下。また、コミュニケーション不足や、
ストレスによる精神的疲労などが原因で、ケガや事故を招く!と言っても過言ではありません。
講演では、実際に身体を動かしながら、健診ではわからない「身体のリスク」を検証していきます。
そして、そのリスクアセスメントとして、何をするべきか!
また、ストレスチェックに伴い、脳が疲れ、体が疲弊し、
感情・行動がコントロールできなくなってしまう、いわゆる「メンタルヘルス障害」の
発症防止においても、何をするべきか!など、“安全”と“活力”に必要な
「健康リスクアセスメント」をわかりやすくお教えいたします。

『活気のある企業づくり~労働者の欠勤率低下と仕事への意欲向上~』
生活習慣病やメンタルヘルスの不調など、進行する労働者が増えれば今以上に欠勤や
労働災害、医療費が増える。企業が健康促進対策を行わなければ、
後期高齢者医療制度への影響も大きくなる。今、労働者の健康管理が重要となっています。
労働者一人ひとりの、「生活習慣病」、「心の健康」に対する意識を高める事が必要です。
企業として、実際にどのような取り組みをするべきなのかをレクチャーします。
労働者の健康管理は、作業の効率アップだけでなく、仕事への意欲向上、作業ミスの減少、
欠勤率の低下、医療費の減少などにつながります。
活気ある会社づくりのためには、労働者の健康が必要不可欠です。

資格
健康管理士、運動指導士、防災士、訪問介護士、船舶操縦士
書籍
「だから、私はやめられない」(雑誌連載)
「これならできる 身体を傷めない簡単な運動」(レジメ冊子)
主な出演
「丸山茂樹のゴルフの旋風」
「ゴルフのつぼ」
「ゴルフパラダイス」
「フィッシングバトル」
「ONE GET」
「マリスワールド」 ほか

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail