pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 柳原志保(やなぎはらしほ)

講師のご紹介

柳原志保(やなぎはらしほ)

歌うママ防災士

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1972.10.15 宮城県多賀城市生まれ。宮城学院女子大学卒業。
       沖縄アクターズ芸能スクールやビジネスホテル東横イン支配人等の職歴を持つ。
2011.03.11 宮城県多賀城市にて東日本大震災を経験し、自宅が大規模半壊、
       2週間避難所生活を送る。
2012.04   熊本県和水町へ移住し総務省が薦める和水町地域おこし協力隊として
       3年間活動。その傍ら、
2014.9    防災士の資格を取得し、男女共同参画視点での防災啓発活動を行う。
2016.4    熊本地震を経験。2度の大災害の経験をもとに、自分事にさせる
       伝え方と対象によって内容を変える「オーダーメイド防災」はわかりやすいと
       口コミで拡がり幅広い世代から支持を得て年間約100本の講演依頼がくるようになる

現在、全国各地で参加者3万人以上、講演回数400回以上に。
また、「防災×婚活」などユニークな発想のイベントも企画。
講演の最後に復興ソング「花は咲く」を歌うことから「歌うママ防災士」のキャッチコピーで活動。
高校1年男子(宮城県在住)と防災士(熊本県最年少)の中学2年男子がいるシングルマザー。
熊本県男女共同参画アドバイザー

講演テーマ

防災、安全 企業・安全大会、PTA・学校関係・各種団体・行政など
例『今すぐできる防災術』『親子でできるかんたん防災』『今、わたしたちに出来ること』
 『くらし目線の防災術』『子どもを守る防災術』『保育×防災』『人間力を養う防災術』

男女共同参画×防災 
例『誰でもできる防災』『女性・ママ目線での防災』『避難所運営を考えてみよう』

人権×防災     
例『みんなに優しい防災』

健康づくり・福祉・地域づくり・婚活×防災  
例『心を備える防災』「いきいき防災』『福祉と防災』『震災関連死を防ぐ為に』
 『地域でできる防災』『互近助・地域できるついで防災』『防災の入口は無限大』
 『婚活防災って?』

食育や栄養×防災     
例『生きる力を養おう』『食育につながる防災術』

「もしもに備えるいつも」をテーマに、希望するテーマ・主旨に「防災」視点をかけあわせて体験談とともにお話しします。いざ、という時だけ役に立つ「防災」ではなく、日頃から役に立つ備えや気づきを知ってもらいます。動画や、歌、体験、災害シュミレーションゲーム「クロスロード」なども入れ眠くならない工夫をしています。

資格
防災士・栄養士・MFAチャイルドケアプラス・メンタルコーチ&心理セラピスト1級
主な受賞・パネリスト歴
2015.09 国際ソロプチミストアメリカ「夢を生きる賞」受賞
2016.11 アサヒビールpresents「九州情熱人」2016熊本№1に選ばれる(RKKラジオ投票)
2016.12 徳島県主催「昭和南海地震70年の集い」パネリスト(徳島県知事、野口健氏らと同席)
2017.02 朝日新聞社・東北大・ひょうご震災記念21世紀研究機構主催
     「21世紀文明シンポジウム」パネリスト(熊本県知事、御厨貴氏らと同席)
2018.02 国土交通省九州地方整備局主催「防災・減災シンポジウム」パネリスト
2019.03 福岡県地域防災シンポジウムパネリスト
主な出演
NHK「くう・ねる・あそぶ×ウワサの保護者会」「助けて!きわめびと」「いつか来る日のために」
NHK熊本「テレメッセくまもと」防災シリーズ 熊本県民テレビ「てれビタ」コメンテーター等多数
2016.03  yahoo!japan防災アプリCM
2018.08  公開防災啓発ドキュメンタリー映画「いつか君の花明りには」
2019.08~ RKKラジオ防災サロン「しほの部屋」パーソナリティ

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail