pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 上原よう子(うえはらようこ)

講師のご紹介

上原よう子(うえはらようこ)

NPO法人虐待問題研究所代表

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

心理学の学校 夢実現協会 代表
心理カウンセラー、講演家、セミナー講師、フリーライター
ラジオパーソナリティ 毎週木曜夕方6:30~「上原よう子のやさしさラジオ」放送(FMムーヴ)

1982年11月4日生 京都府京丹後市出身 大阪在住
生後~3歳まで実父に虐待され、3歳~17歳まで母の再婚相手の継父にまで虐待される。毎日のように繰り返される暴力に耐えきれなくなり、17歳の時、たった3万円を持って大阪へ家出。その後、大阪で知り合った男性と18歳の時に結婚し、19歳で第一子を出産。現在は夫と3人の子供との家族5人暮らし。連日のように流れる虐待報道を目にする度、他人事とは思えず、2006年より虐待防止活動を始める。自分が辛い目にあったから同じように苦しむ人達を軽減したい、お役に立ちたいをモットーにしています。

【虐待内容】
・殴る、蹴る ・ナイフで刺す ・階段から突き落とされる ・食事もろくに与えてもらえない ・学校にも行かしてもらえず監禁 ・浴槽に沈められる ・髪の毛、洋服を切り刻まれる等々

講演テーマ

『17年間の被虐待体験から考える人権侵害と人生への影響』
・生後から17歳まで父親に虐待された体験、非行、自殺未遂、殺人未遂、家出、結婚、出産から現在まで
・なぜ虐待されたのか、虐待の背景、メカニズム、虐待された子が将来及ぼす影響など
・虐待の現状と課題について
・池田付属小学校連続殺人背景(二次的虐待の誘発)
・大阪2児餓死事件の背景
・世代間連鎖(虐待の連鎖について)
・虐待防止
・予防に向けて
『17年間の虐待から考える子ども達の守り方』
『被虐待から考える子ども達の守り方』
『被虐待から考える人権侵害と人生の影響』
『夢実現コーチング』
『結婚について』
『傾聴トレーニング』

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail