pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • ダニエル・カール(だにえるかーる)

講師のご紹介

ダニエル・カール(だにえるかーる)

山形弁研究家/タレント

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1960年(昭和35年)3月30日生まれ。米国カリフォルニア州モンロビア市出身。
パシフィック大学卒業(カリフォルニア州ストックトン市)
語学:英語、日本語(山形弁)、ドイツ語
高校時代、交換留学生として奈良県智弁学園に1年間在籍。また大学生時代には、大阪の関西外国語大学に4ヶ月学び、その後、京都二尊院に2ヶ月ホームステイ、佐渡島で4ヶ月文弥人形づかいの弟子入りをした。大学卒業後、日本に戻り文部省英語指導主事助手として山形県に赴任し、3年間英語教育に従事した。その後上京し、セールスマンを経て翻訳、通訳会社を設立。以後、テレビ・ラジオ等の仕事を兼務して現在に至る。(妻と息子の三人家族)
好奇心旺盛な性格とバイタリティある行動力そしてユーモア豊かなサービス精神、それに加え3年間の山形での生活で鍛えた山形弁を武器に、ドラマ、司会、レポーター、コメンテーターなど、何でもこなすマルチタレント。

講演テーマ

-文化・環境-
『がんばっぺ!オラの大好きな日本』
日本の素晴らしいところを語る。日ごろ見逃してしまっているところを再確認しよう。
違う目線で見ると、ほら日本という国はこんなにでっかいのだ。

『オラの愛する元気な日本』
世界的視野から見ても大きいニッポン。強いニッポン。長い歴史を経た日本の文化に自信を持つ。
これをスタートとして日本をもっと素敵ないい国にしようじゃないかと主張する。

『ダニエルが語る エコと環境のはなし』
日本人が昔からいかに“もったいない心”を大切にして生活し、それがエコに繋がり、環境を
守って来ているかを語る。

『省エネ大国ニッポン。もっと自慢すべきだ!』
省エネに関し日米を比較し、日ごろからいかに日本人が素晴らしい心がけを持って生活をして
いるかを語る。

『ダニエル流・食と健康』
今、世界中で注目されている身体に良い日本の食文化。ダニエル流 食と健康。

『ダニエルが語るお金の魅力と怖さ』
日米でのお金に関する考え方の違い、教育の違いを語る。お金の魅力には負けないで!

-教育-(PTA・教職員向け)
『ダニエルの子育て論』
親と子のコミュニケーションの取り方について、ダニエル本人の経験談を語る。
親子の間では、幼少期から飾らずに言いたいことをはっきりと言い合うことを基本としている。

『ダニエル流子育てでは子供はキレない!』
最近よく耳にする子供がキレるという言葉。信頼しあえる親子関係が築かれていれば子どもは
キレない。子供の心がわからなくなってしまう前に、時間の許すかぎり接する。
忙しい中でも子供との時間を大切にしてるダニエルが語る。

『ダニエル親子のコニュミケーション術』
子どもは元来競争心を持っているものだ。ただし親が正しい競争のやり方を子どもに教えなく
てはダメだ。人を思いやる心を親が教え、親と子のコミュニケーションを良く取ることが大事!

『国際交流入門』
身近な話題から日米の面白い違いを指摘。日本人が外国人と出会った時どうやったらスムーズ
にコミュニケーションが取れるかなどを具体的に、しかも楽しく解説する。

『お金の大切さを学ぶ』
日本では小さい頃からお小遣いを与える習慣がある。しかしお金は労働の対価として得るもの
という意識を学ばせなければならない。社会人になってからでは遅い。早い内から知識を持ち、
クレジットカードなどの仕組みを知っておく必要がある。

-教育-(生徒向け)
『国際化に生きる若者のあり方』
ダニエル本人が高校生大学生時代に留学した体験談を語る。現在留学を考えている若者に勇気
を与えながら、タイムリーな国際化時代にふさわしいテーマを取り上げる。
身近な話題から、日米の面白い違いを指摘する。

『ダニエルのおもしろ英語講座』
言葉の面白さ、英語と日本語の違いを取り上げながら、日米のコミュニケーション比較論。
分かりやすく面白い!なるほどな・・・と思わせる内容がたっぷりの構成。

『国際交流入門』
身近な話題から日米の面白い違いを指摘。日本人が外国人と出会った時どうやったらスムーズ
にコミュニケーションが取れるかなどを具体的に、しかも楽しく解説する。

『若者はもっと日本語を好きになれ!』
言葉が本当に不思議なものであること。人間が自分の意思を人に伝えようとするとなかなか
難しいものである。深い意味を持つ日本語を様々な視点から指摘する。

『日本語の素晴らしさ』
デリケートな表現・言葉ひとつひとつが持っている不思議さ。そして方言の持つ温かさを語る。

-人権-
『人にやさしい人づくり』
ひと昔前の日本人の良さを実践しているダニエルが語る。近所付き合いを大切にし、いつでも
助け合っていこう。人間は優しいこころを誰もが持っているものだ!

『人にやさしい街づくり』
近所の人と交わす挨拶から始まって、日本全国 皆が協力しあって日本をもっと素敵で、もっと
住み良い国にしようと主張する。

『日米ボランティア比較』
子供の頃から体験してきたダニエルのボランティア活動を紹介。
ニッポンとはちょっと違うことも・・・

『ダニエルのすごくあたりまえの男女共同参画論』
アメリカという男女平等の環境で育ち日本に長く住んでいる。男性も女性も力を合わせて家庭
を築き、仕事を成し遂げ、お互い助け合って生活していく。これがふつうなのだ!
特におとうさんの子育て参加は必要と主張する。

『ダニエル流いきいき生涯学習』
いつも前向きに!人と人が支え合って生きていこう!

-企業-
『ダニエルの ライフ・ワーク・スタイル』
自分の一生を考えたときどんな時間の配分をして行けばいいのだろうか。
父親・企業人・亭主・・・ダニエルが語る人生の配分。

『日米文化比較論』
日米のいろんな違いを楽しく紹介する。企業人として仕事に対しての取り組み方の違い。
家庭での父親、主人としての役割の違い。夫婦の関係の違い。などなど。

『ダニエルのおすすめ、自分らしい生き方』
人に左右されてはいけない。自分を信じて自分らしさを生きよ!良いことばかり有るはずは
ないのだ。さー元気を出そう!オラはいつも前を向いて生きてるよ。

『ダニエルの日本見聞録』
約30年間日本に暮らして、やっぱりニッポンはいい。国は綺麗だし、人は優しい。30年の間に
体験した日本のお国自慢を一杯話す。日本中を旅してたくさんの新しい発見をすることができ
た。日本は実に大きな国だ!

TV出演
ABC 「おはよう朝日です」
NTV 「おもいっきりテレビ」・「ぶらり途中下車の旅」
書籍
「ダニエル先生ヤマガタ体験記」(集英社)2000年
「オラが心の日本アメリカ」(日本放送出版協会)2001年
「英語でできる国際交流アイディア集〈1~4〉英語であそぼう」共著(岩崎書店)2001年
「ダニエル・カールの使える英語はこう学ぶ」(東京書籍)
「ダニエルさんち(家)のファミリー英会話」共著(ビジネス社)2004年
ほか多数

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail