pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 藪本雅子(やぶもとまさこ)

講師のご紹介

藪本雅子(やぶもとまさこ)

元日本テレビアナウンサー/記者

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

京都生まれ。
1991年より日本テレビアナウンサーとして、バラエティやニュース番組を担当。
1998年、報道局記者へ異動。社会部警視庁、厚労省、政治部などを経て、フリーランスへ。
ハンセン病をテーマにした「女子アナ失格(2005新潮社)」を出版後、各地で人権問題の
講演をするほか、人権教育啓発推進センター発行の「アイユ」で巻頭インタビューを連載している。
また、近年は日本語教師として外国人に日本語を教えている。

講演テーマ

『共に生きる社会を目指して』
華やかに見えるメディアの裏側でメンタル不全に陥っていた。そこで飛び込んでみた記者の世界。
障害者やハンセン病の取材を通じて、乗り越えるべき障害は、
当事者ではなく社会の側にあることに気づく。
この国の差別を作り上げてきた思想は、今もなくなってはいないことを指摘。
差別はなくすことができるか、また、一人一人が何をすればいいのか。
障害者、LGBT、女性、お年寄り・・・、誰もが自分の可能性を信じて生きていてよかったと
思えるような社会にしていこう。

『仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現』

*講演テーマはご相談ください

参加者の声

・自分が知らない間に持った偏見を見つめ直すきっかけになった。
 自分で考え、行動することが大切と改めて感じた。

・自身の辛い体験を話して頂いたことに感謝。
 人が人間らしくあるために全ての人が尊重される社会であってほしいと強く思った。

・アナウンサーを辞めた後の、藪本さんの活動の幅広さと行動力に感心した。

・順調な生活ではなく、いろいろなつまずきを経験した人の
 「チャンスを活かした生き方」にとても感動した。また聞きたくなる話だった。

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail