pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 渡部陽一(わたなべよういち)

講師のご紹介

渡部陽一(わたなべよういち)

戦場カメラマン/ジャーナリスト

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1972年(昭和47年)静岡県富士市生まれ。
明治学院大学法学部法律学科卒業。
学生時代から世界の紛争地域を専門に取材を続け、これまでに訪れた国は130カ国以上にのぼる。主な取材地はイラク戦争の他、ルワンダ内戦、コソボ紛争、チェチェン紛争、ソマリア内戦、アフガニスタン紛争、コロンビア左翼ゲリラ解放戦線、スーダン、ダルフール紛争、パレスティナ紛争など。
現在も世界各国で取材活動を続けるかたわら、週刊誌・テレビ・ラジオ等の多数のメディアに出演。独特の語り口とユニークなキャラクターでバラエティ番組でも注目を集めている。

講演テーマ

『世界に生きる人々』
『世界から見る日本』
『戦場カメラマンが見た世界』
『戦場の友人たち』
『戦場に生きる家族たち』
『「いのち」を伝える』
『命とは、平和とは』

主な出演
-テレビ-
NHKEテレ「テレビでアラビア語」毎週(火)25:00~25:25
TX「世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~」
RKB「豆ごはん。」
NTV「ニュースプラス1」「今日の出来事」「NEWSZERO」「嵐にしやがれ」「踊る!さんま御殿!!」「メレンゲの気持ち」「DON!」「行列のできる法律相談所」「人生が変わる1分間の深イイ話」
YTV「情報ライブミヤネ屋」
TBS「みのもんたのサタデーずばっと」「報道特集」「笑撃!ワンフレーズ、1億3千万人の法則」「さんまのSUPERからくりテレビ」「紳助社長のプロデュース大作戦!」
MBS「渡部陽一のGWファミリーSP!世界の村がアリガトウ命を救うニッポン人!」
CX「EZ!TV」「とくダネ!」「スーパーニュース」「FNSドキュメンタリー大賞(ナビゲーター)」「奇跡体験!アンビリバボー」「笑っていいとも!」「(株)世界衝撃映像社」「土曜プレミアム 渡部陽一が撮った!これが世界の「戦場」だ突撃!サムライジャーナリスト」
EX「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」「スーパーモーニング」「そうだったのか!池上彰の学べるニュースSP」「Qさま!!」
KTV「快傑えみチャンネル」「お笑いワイドショーマルコポロリ!」
CBC「お宝発信タワーDAI-NAMO」
TVQ「土曜の夜は!おとななテレビ」 
-ラジオ-
NACK5スペシャル「グラウンドゼロが私たちに訴え続けているもの~平和の祈り~」
QR「吉田照美のやる気MANMAN」「高木美保 close to you」「玉川美沙たまなび」
TBS・R「アクセス」「CUBE」「荒川強啓デイ・キャッチ」「安住紳一郎の日曜天国」
LF「テリー伊藤のってけラジオ、渡部陽一」「勇気のコトバ」「渡部陽一 勇気の音楽」「渡部陽一 勇気のラジオ」
LF「渡部陽一 明日へ喝!」毎週(土)18:00~19:00
J-WAVE「プラトン」
T-FM「松任谷正隆 DEAR PARTNER」

-発表媒体-
週刊SPA!(連載)(扶桑社)、サンデー毎日(毎日新聞社)、AERA(朝日新聞社)、SAPIO(小学館)、週刊ポスト(小学館)、FRIDAY(講談社)、ダカーポ(マガジンハウス)、女性自身(光文社)、FLASH(光文社)、新潮45(新潮社)
書籍
「報道されなかったイラクと人びと」(新風舎)
「世界は危険で面白い」(産経新聞出版)
「MOTHER-TOUCH 戦場からのメッセージ」(辰巳出版)
「ぼくは戦場カメラマン」(角川つばさ文庫)
「硝煙の向こうの世界-渡部陽一が見た紛争地域-」(講談社)
-CD(絵本付)-
「渡部陽一の世界名作童話劇場 日本篇」(ビクターエンタテインメント)
「Father's Voice」(ビクターエンタテインメント)
取材経歴
1993年6月-9月:アフリカ、ザイール内戦取材
1993年12月-1994年3月:アフリカ、ザイール内戦取材
1994年6月-9月:アフリカ、ルワンダ内戦取材
1994年12月-1995年3月:アフリカ、ザイール内戦取材
1995年7月-9月:メキシコ、チアパス民族解放戦線取材
1995年12月-1996年1月:アフリカ、ザイール内戦取材
1996年9月-10月:アフリカ、ナイジェリア国内紛争取材
1997年2月-5月:インドネシア、イリアンジャヤ紛争取材
1997年11月-12月:ユーゴスラビアコソボ内戦取材 
1998年6月-9月:ユーゴスラビアコソボ内戦取材
1998年12月-1999年3月:チェチェン紛争取材
1999年6月-2000年1月:チェチェン紛争取材
2000年2月-5月:ソマリア内戦取材
2000年9月-12月:コロンビア内戦取材
2001年2月-3月:パレスチナ紛争取材
2001年7月-11月:コロンビア内戦取材
2002年1月-5月:イラク紛争取材
2002年6月:パレスチナ紛争取材
2002年8月-10月:イラク紛争取材
2003年1月-4月:イラク戦争取材
2003年:イラク戦争戦後復興取材 (5月-6月、8月、10月、12月)
2004年:イラク戦争戦後復興取材 (1月、2月、3月-4月、5月-6月、8月-9月)
2004年10月-11月:アフリカ、スーダン、ダルフール難民取材
2005年1月-2月:インドネシア・スマトラ沖地震取材・インド領アンダマン・ニコバル諸島取材
2005年2月:スリランカ、反政府ゲリラLTTE(タミル・イーラム解放のトラ)取材
2005年3月:スマトラ沖地震被災地マレー半島取材
2005年5月:北方領土取材(極東、北方四島、サハリン)
2005年6月:インド・ガンジス河の修行僧取材
2005年9月-10月:キューバ、チェ・ゲバラの軌跡取材
2005年11月:旧満洲(中国東北地方)日本統治時代の軌跡取材
2006年1月-2月:アフリカ、ガーナ、ジャングルでの学校教育取材
2006年3月:カンボジア・ベトナム取材、戦場に散ったカメラマン取材
2006年4月:イラク戦争戦後3周年取材
2006年5月-6月:インドネシア・ジャワ島地震取材
2006年7月-8月:レバノン紛争ベイルート。南部サイダ、カナ取材
2006年9月:タイ。タクシン首相に対する軍事クーデター取材、カンボジア取材、日本人戦場カメラマン一之瀬泰造の軌跡取材
2006年12月:イギリス・ロンドン。ロシア元情報工作員リトビネンコ氏毒殺事件取材
2007年2月:北朝鮮平壌・金正日65歳生誕祭、板門店北朝鮮側軍事境界線取材
2007年3月::韓国、ソウル。韓国側板門店38度軍事境界線取材
2007年3月:北朝鮮平壌、太城経済制裁効果現地取材
2007年4月:南太平洋ソロモン諸島大地震現地取材
2007年5月:インド、パキスタン国境紛争取材
2007年7月-8月:パキスタン、モスク籠城事件取材
2007年9月-10月:パキスタン、大統領選挙・戒厳令取材
2007年10月-11月:台湾、日本統治時代の残像取材1
2007年1月-2月:台湾、日本統治時代の残像取材2
2008年2月-3月:パキスタン総選挙取材
2008年3月:ザルツブルグ 宮本恒靖選手撮影
2008年3月-4月:中国、チベット暴動現地取材
2008年5月:ジャマイカ、ボブマーレーの軌跡取材
2008年6月:ウイグル自治区はいま 現地取材
2008年6月:台湾、日本統治時代の残像取材3
2008年8月—9月:韓国、北朝鮮国境取材
2008年11月:韓国、北朝鮮軍事境界線取材
2008年11月—12月:アフリカ、スーダン、ダルフール紛争取材
2009年4月:韓国、北朝鮮軍事境界線取材
2009年7月:台湾、日本統治時代の残像取材4
2009年7月:インドネシア自爆テロ事件取材
2009年8月:韓国、北朝鮮国境取材
2009年9月—10月:アフガニスタン米軍従軍取材
2010年3月-4月:アフガニスタン駐留米軍取材、日本人拘束事件取材
2010年9月:アフガニスタン カンダハール米軍従軍取材
2011年4月:アフガニスタン米軍従軍取材
2011年9月:アフガニスタン米軍従軍取材
2012年4月:シリア情勢取材
2012年9月:アフガニスタン情勢取材(9・11/11周忌)
2013年4月:シリア情勢取材
2013年9月:シリア情勢取材
2013年9月:エジプト政変取材
2014年4月:アフガニスタン大統領選挙取材
2014年4月:ウクライナ情勢取材

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail