pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 山口真由(やまぐちまゆ)

講師のご紹介

山口真由(やまぐちまゆ)

元財務官僚/ニューヨーク州弁護士

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1983年(昭和58年)札幌市出身。
筑波大学附属高等学校進学を機に単身上京。
2002年、東京大学教養学部文科Ⅰ類(法学部)入学。
在学中3年生時に司法試験合格。4年生時には国家公務員Ⅰ種試験合格。
また、学業と並行して、東京大学運動会男子ラクロス部のマネージャーも務める。
「法学部における成績優秀者」として総長賞を受け、2006年、首席で卒業。
同年4月に財務省に入省し、主税局に配属。主に国際課税を含む租税政策に従事。
2008年に財務省を退官。
2009年~2015年、弁護士として大手法律事務所に勤務。
2015年9月~2016年7月、ハーバード大学ロースクール(法科大学院)に留学。
2016年8月、ハーバード大学ロースクールを卒業。
2017年4月より、東京大学大学院博士課程 法学政治学研究科に在籍。
2017年6月、ニューヨーク州弁護士登録

講演テーマ

【企業の経営者、役員、管理職から新入社員まで、コンプライアンスを必要とする方々】
『コンプライアンスの勧め』
<対象者の現状・課題>
日本では長らく公式のルールと実際の執行の間にギャップがあるという時代が続いた。
「本音と建て前」の社会と言われる通り、「まあまあ、ルールはこうなっていますが、
そう堅いことは言わずに」という風潮。そんな中で重要だったのは「清濁併せ呑む懐の
深さ」であり、クリスタルクリアな潔癖症の幹部よりも、ちょっと「ワル」だけど
人情味のある親分肌の社長が信頼される、これが日本のリーダーシップとされていた。
それというのも、日本人の間で、「ここまではやっていいけれど、これから先はちょっと」という
コモンセンスが共有されてきたからであって、この非公式のコモンセンスの共有が、
公式のルールの明文化よりも、ずっと大事だったのである。
しかし、時代は変わった。世界の国とビジネスをしていくことが求められる中、
日本国内のコモンセンスが共有できる範囲だけでビジネスをしようとする企業は、
この波に乗り切れない。

<提供する価値・伝えたいこと>
コンプライアンスは難しいことではない。欧米のコンプライアンスを見習う必要なんてない。
日本企業に培われてきた高い規範意識を活かしつつ、それを欧米にも理解できる形で説明する、
世界標準の、日本型コンプライアンスの勧め。

<内容>
①企業不祥事と謝罪の流儀
(1) 世界のトヨタは謝罪も世界水準
(2) 謝罪会見に失敗し、会社をつぶした雪印
(3) 東芝の謝罪会見が「世界最低」と評された訳
②企業不祥事:なぜ明暗が分かれてしまうのか
(1) 社会の道理を忘れて、企業の理屈をちらりとでも見せた企業は失敗する
(2) 顧客ファーストを徹底させたジョンソン&ジョンソン
(3) 顧客の命を完全に無視したフォード・ピントの誤算
③明暗を分けるのは平時からの取り組み
(1) 平時から非常時を想定した企業づくり
(2) 企業理念を普段から社員に根付かせる企業づくり
(3) 若手社員のコンプライアンス
(4) 社員が誇りを持てる会社づくりを


【労働組合様向け、若手-中堅組合員の方向け】
『上司・先輩とよりうまく仕事を進める 具体的場面別仕事戦略』
<対象者の現状・課題>
上司や先輩との関係って考えるだけで少し憂鬱。「可愛いがられる部下・後輩」になりたい。
でも、上司や先輩に媚び媚びの同僚を見ると、「ああいうふうにはなりたくない」と思ってしまう。
上司や先輩を味方につけるための、具体的な方法が分からない。

<提供する価値・伝えたいこと>
上司や先輩の立場から、部下や後輩の心構えを説くものは多い。
拝聴する度に「なるほど、ごもっとも」と思うし、考えさせられる。
しかし、そうは言っても、「じゃあ、この仕事依頼メールにどう返信すれば?」
「お叱りに対する正しい返事は?」「お世辞って言ったほうがいいの?」…
こういう幾多の疑問に答えて、明日から、何をどうすればよいのか、
具体的に教えてくれるものは少ない。
社会人になってからの数多い失敗から得た、具体的な上司・先輩への対応法を、
場面ごとに余さず解説。

<内容>
①上司や先輩に対するための具体的方法
②具体的場面1:電話
③具体的場面2:メール
④具体的場面3:企画書・会議
⑤具体的場面4:コミュニケーション、褒め言葉
⑥具体的場面5:仕事の依頼


『仕事に必要なクックパッド ~成果を出すための仕事戦略』
<対象者の現状・課題>
仕事で評価されたい、これは誰もが思うこと。
しかし、実際に何をしたらいいのかとなると難しい。
成功者に「仕事術」の極意を伺っても、「短時間で効率よく、確実性を発揮すること」が大事と
伺うこともあれば、「自分の頭で考え抜いて創造性を発揮すること」が大事と伺うこともあり、
矛盾するアドバイスに、「結局、明日から何をすればいいの?」と頭は混乱するばかり…

<提供する価値・伝えたいこと>
「確実性を重視する仕事」「創造性を重視する仕事」。実は、仕事には二つの種類がある。
新人は、まずは「確実性を重視する仕事」を効率よく終わらせて、信頼を獲得することが大事。
そのために必要なもの、それは高邁な「仕事哲学」ではなく、具体的なコツの集積である。
「エリート」だらけの職場で、失敗して、汗を流し、涙を流し、試行錯誤を積み重ねて体得した
「仕事のコツ」。成功体験だけではうまく伝わってこない、具体的な仕事のノウハウを、
自身の失敗談を交えて場面ごとに詳しく解説。

<内容>
①「一人トヨタ」実践の薦め
②仕事のコツ1:「陰ながらの努力」はもう止める!努力を「魅せる」仕事術
③仕事のコツ2:「気づかい」は戦略的に!上司の信頼を勝ち取る仕事術
④仕事のコツ3:「クォリティ」だけで勝負しない!圧倒的速さの仕事術
⑤「選ぶこと」は「捨てること」。失敗を怖れず、喪うものを怖れず、
 選び続けることがあなた自身の創造性を作り出す


【企業の経営者、役員、管理職その他女性を登用する立場にある方々】
『女性を部下に持つ上司たちへ』
<対象者の現状・課題>
女性幹部の登用は喫緊の課題である安倍晋三総理は女性の役員を1 名以上にすることを
経済界に要請し、上場企業においては女性の活躍状況をコーポレート・ガバナンス報告書に
記載することが求められている。しかし、女性の管理職を30%にするのは極めて難しいのが現状。
なぜなら、企業側の要因のみならず、女性自体が管理職登用を望まず、離職率も高い。
女性幹部の登用は、どうすれば成功するのか。

<提供する価値・伝えたいこと>
「女性」といっても決して一枚岩ではない。名門大学を卒業して、総合職として入社した
「バリキャリ」と言われる女性達だって、「辞める」「ぶら下がる」 という選択も多い。
このような現状で女性の登用を進めるために、
①どの女性がどういう志向を持っているかを正確に見抜く力、
②女性たちのジレンマを理解して活用していく気配り、さらに、③君と見ている、
気遣っていることを、的確に伝えるコミュニケーション力が何よりも重要。
バラエティ豊かな上司を見てきた自身の経験を交えて具体例を提供。

<内容>
①働く女性の多様性
②多様な女性のやる気を引き出すことが、これからの課題
③働く女性のモチベーションアップ―こんな上司はダメな例
(1)とにかくマネジメントやる気ゼロの上司
(2)とにかくプレイングマネージャーのままの上司
(3)古い価値観を押し付けたい上司
④女性の心を捉える、こんなマネジメントが効果的
(1)褒める力で、やる気アップ!
(2)ジレンマを理解して、やる気アップ!
(3)エンパワーメントで、やる気アップ!

【今後、企業で働いていく女性の方々】
『私たちは輝けるのか―頑張りすぎず、欲張る働き方』
<対象者の現状・課題>
「女性の活用」が課題と言われてから久しい。けれども、実際に企業で働く女性たちは、
「輝く女性」の標語がぴんと来ていないこの現状。30 歳を過ぎたら結婚して子供を持って
幸せな家庭を築きたいのが彼女たちの本音。それでも私達、働き続けなきゃいけないの?
仕事も子育てもきちんとこなさないといけないの?
現場でバリバリと活躍している先輩女性たちは、尊敬するものの、ああはなりたくない見本。
髪を振り乱して、男と対等に渡り合い、疲れ切っている先輩方は幸せそうには見えない。
かといって、稼ぎのしっかりした旦那様をつかまえて、専業主婦におさまるなんて、
手の届かないラグジュアリーになってしまった現在。
ロールモデルのない女性たちに、これからの働き方を提案。

<提供する価値・伝えたいこと>
仕事も、子育ても、きちんとこなしたい。まじめな女性たちが陥りがちな
「パーフェクト・ワーカー・シンドローム」、「パーフェクト・マザー・シンドローム」。
これが彼女たちを苦しめている。今の日本には、パーフェクトな社員としてバリバリ働くか、
パーフェクトな母親として育児に猛進するか、この二極化したロールモデルしかないのである。
そして、「輝く女性」をキーワードに、母親である女性たちに働くことも求めたら、
正直、キャパシティ200%で押し潰されてしまいそうな状況。
そんなロールモデルがない時代に生きる女性たちは、逆に、新しいロールモデルを
作ってしまうことが必要。「頑張りすぎず、仕事も家庭も欲張る働き方」。
誰にも縛られない、新しい働き方を手に入れよう。

<内容>
①「バリキャリ」の限界
②「オプト・アウト」する女たち
③「ハピキャリ」の悲哀
(1)専業主婦なんて、いまやラグジュアリー
(2)専業主婦が向き合う危機
(3)パーフェクト・マザー・シンドロームとの戦い
④頑張りすぎない、欲張る働き方
⑤どうすれば、「良い加減」に働けるのか

連載
幻冬舎plus「ハイスペック女子のため息」
書籍など
-書籍-
「東大主席が教える 超速「7回読み」勉強法」(文庫版)2017年6月<最新刊>
「ハーバードで喝采された日本の「強み」」(扶桑社)2017年2月
「前に進むための読書論」(光文社新書)2016年7月14日
「日本型エリート思考」(扶桑社)2015年9月1日
「いいエリート、わるいエリート」(新潮新書)2015年7月20日
「20代、自分を助けてくれる言葉」(三笠書房)2015年6月5日
「ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えよう」監修(飛鳥新社)2015年5月9日 
「東大主席弁護士が教える「ブレない」思考法」(PHP研究所)2015年3月14日
「東大主席弁護士が実践する<パーフェクト>勉強術」(ソフトバンク新書)2014年12月16日 
「誰でもできる ストーリー式記憶法」(角川書店)2014年9月 
「図解版 天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。」(扶桑社)2014年8月
「エリートの仕事は「小手先の技術」でできている。」(KADOKAWA中経出版)2014年7月  
「東大主席弁護士が教える 超速「7回読み」勉強法」(PHP研究所)2014年7月
「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。」(扶桑社)2014年1月
-論文-
2012年 組織再編における株式買取請求等・組織再編等の差止請求
2010年 Amending the Civil Code
2009年 Consumer Affairs Agency
主な出演
テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」ゲストコメンテーター
TBSテレビ「ひるおび!」ゲストコメンテーター
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」ゲストコメンテーター
AbemaTV「けやきヒル‘s NEWS」コメンテーター
AbemaTV「みのもんたのよるバズ!」コメンテーター
読売テレビ「ten.」コメンテーター
MXテレビ「モーニングCROSS」レギュラーコメンテーター

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail