pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 宝井琴梅(たからいきんばい)

講師のご紹介

宝井琴梅(たからいきんばい)

講談師

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

時代との適合をつねに心がけていた南鶴、真っ向から大きく押しまくる馬琴。両師匠の長所を受け継ぎ新作、古典の両面を読む。
テレビ・ラジオのリポーターで発揮する今日的な感覚でも若者層に人気が高い。
得意ネタは、古典「寛永三馬術」「夜もすがら検校」「徂徠豆腐由来」「加賀騒動」「大岡政談」、新作「俺らあ日本のマンマが食いてえ」「農は国の基なり」「炎の画家ゴッホ」「ゲルニカ」「答礼人形」、反戦講談の「風船爆弾」がある。
1987年より、食料問題の原点を探るため日本全国を東奔西走。農家に泊り込み、生産者の本音、実態を勉強し、これらの体験をもとに農業講談を高座にかける。
1990年6月、川越市観光協会より辻講釈が表彰される。

講演テーマ

『ガンバレ、日本の農業 俺らあ、日本のマンマが食いてえ』
『農は国の基なり』

活動
辻講釈、出前講談、農業講談、キンバイ米栽培、梅桜寄席などユニークな活躍を
書籍
「俺らあ日本のマンマが食いてえ」(家の光協会)

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail