pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 小谷実可子(こたにみかこ)

講師のご紹介

小谷実可子(こたにみかこ)

スポーツコメンテーター

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1966年(昭和41年)8月30日東京都生まれ。
1989年日本大学卒業。
小学4年生の時に、出場したシンクロナイズド・スイミングの第1回年齢別大会10歳以下の部で優勝。高校1年生ででアメリカへシンクロ留学。カリフォルニア・ウォールナッツクリークの名門シンクロクラブ「アクアナッツ」に在籍、アメリカ・ナショナル・チームのコーチ=ゲール・エメリー氏に師事する。
1985年のパンパシフィック選手権ではデュエットで優勝、ソロで2位獲得。
1988年のソウル・オリンピックでソロ・デュエットとも銅メダルを獲得。また夏のオリンピックでは女性として初めて日本代表選手団の旗手をつとめる。都民栄誉賞、ビッグスポーツ賞、総理大臣銀杯をそれぞれ受賞。
1992年に引退後はシンクロの普及活動・指導の傍ら、JOC、NAOC広報委員をつとめる。またマスコミの分野でも、1993年よりTBS番組「情報スペースJ」スポーツキャスター、広島アジア大会のTBSキャスターをつとめ、週刊文春にエッセイを連載。アトランタ・オリンピックでもリポーターをつとめ、現在はスポーツ以外の自然や動物もののリポーターなど幅広く活躍中。
1996年からは国際オリンピック委員会、またアジアオリンピック評議会の選手委員にも任命されている。

講演テーマ

『心の健康、体の健康』

シンクロナイズド・スイミング競技歴と受賞の記録
1978年
初の日本代表 カナダ年齢別選手権 ソロ、デュエット3位
1981年
全米ジュニア選手権 ソロ、デュエット、チーム三冠
1985年
パンパシフィック大会 デュエット優勝、ソロ2位
1985年~1988年
全日本選手権 デュエット4連勝
1986年
世界選手権 デュエット3位、チーム3位
1987年
FINA WORLD CUP  デュエット3位
1987年~1990年
全日本選手権 ソロ4連勝
1988年
ソウル・オリンピック ソロ3位、デュエット3位
(オリンピック日本代表選手団 旗手)
・都民栄誉賞 受賞
・ビッグスポーツ賞 受賞
・総理大臣銀杯 受賞
1989年
FINA WORLD CUP ソロ3位、デュエット2位
1989年
スイスオープン ソロ優勝
・パルファム賞 受賞
1990年
ローマ・シンクロ大会 ソロ優勝
マジョルカオープン大会 ソロ優勝
〔1990~1991年 日本女子体育大学 非常勤講師〕
1991年
世界選手権 ソロ3位、デュエット2位
・American Club,Sportsman of the Year 受賞
大会後休養
〔1991~1992年 日本オリンピック委員会嘱託〕
1992年
バルセロナ・オリンピック出場
引退
・日本オリンピック委員会 広報委員
・長野冬季オリンピック組織委員会 広報委員
・1998バンコクアジア大会調整委員
・国際オリンピック委員会選手会委員
・長野冬季オリンピック調整委員
・OISOロングビーチ スイミングクラブ アーティスティックシンクロコース特別講師

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail