pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 吉永みち子(よしながみちこ)

講師のご紹介

吉永みち子(よしながみちこ)

ノンフィクション作家

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1950年埼玉生まれ 東京外国語大学インドネシア科卒。
「勝馬新聞社」「日刊ゲンダイ」で競馬記者。退社後、5年の専業主婦を経て仕事に復帰。
1983年、JRA機関誌「優駿」の優駿エッセイ賞。
1985年「気がつけば騎手の女房」で大宅壮一ノンフィクション賞。
政府税制調査会、地方分権改革推進会議、郵政行政審議会、外務省を変える会、
検察の在り方検討会議などの委員を歴任。
テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」金曜日レギュラー。

講演テーマ

 『自立して生きるということ』
 『自分らしく生きるために』

書籍
「繋がれた夢」(講談社)
「旅路の果ての名馬たち」(大和出版)
「子供を蝕む家族病」(小学館)
「総理とその女房」(光文社)
「麻婆豆腐の女房」(光文社)
「母と娘の40年戦争」(集英社)
「性同一性障害」(集英社)
「ボクって邪魔なの?」(小学館)
「変な子と呼ばれて ミッシェル・近藤の人生」(筑摩書房)
「どこゆく?団塊男 どうする!団塊女」(日本経済新聞社)
「子供たちは甦る!」(集英社)
「26の生きざま!」(日本経済新聞社)
「40代。自分が変わる生き方」(海竜社)
「怖いもの知らずの女たち」(山と渓谷社)
「人生を決めたあの時」(光文社)など

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail