pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 塚原光男(つかはらみつお)

講師のご紹介

塚原光男(つかはらみつお)

朝日生命体操クラブ総監督/公益財団法人日本体操協会副会長

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

オリンピック金メダリスト
1947年(昭和22年)12月22日生まれ。東京都出身。
1970年日本体育大学体育学部卒業。鉄棒「月面宙返り」、跳馬「ツカハラ跳び」の創始者。
1968年のメキシコオリンピック以来、1976年のモントリオールオリンピックまで史上初の5連勝達成。1978年ストラスプール世界選手権大会では日本男子体操10連勝記録を達成する。
体操王国ニッポンの基盤をつくった立役者である。
2004年のアテネオリンピックでは日本代表体操競技総監督を務め、息子の塚原直也選手が28年ぶりに体操男子団体総合の金メダルを獲得。

講演テーマ

『果てしなき挑戦』

役職
塚原体操センター代表取締役社長
朝日生命体操教室校長
朝日生命体操クラブ総監督
財団法人日本体操協会副会長
財団法人日本体操協会北京オリンピック強化委員会委員長
全日本社会人体操競技連盟理事長
主な業績
1968年
オリンピック・メキシコ大会 団体金メダル
1970年
リュブリアナ世界選手権大会 団体金メダル・個人総合銀メダル
「ツカハラ跳び発表」 跳馬金メダル
1972年
オリンピック・ミュンヘン大会 団体金メダル
「月面宙返り発表」 鉄棒金メダル・つり輪銅メダル
1974年
バルナー世界選手権大会 団体金メダル
1976年
オリンピック・モントリオール大会 団体金メダル・個人総合銅メダル・鉄棒金メダル・跳馬銀メダル・平行棒銅メダル<オリンピック史上初の5連勝達成>
1978年
ストラスプール世界選手権大会 団体金メダル<日本男子体操10連勝記録達成>
書籍
「果てしなき挑戦」(講談社)1981年
「女子体操競技入門」(講談社)1982年
「熱中夫婦ここにあり!」(実業之日本社)1989年

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail