pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 大八木淳史(おおやぎあつし)

講師のご紹介

大八木淳史(おおやぎあつし)

元ラグビー選手/タレント

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1961年(昭和36年)8月15日京都府生まれ
1979年:全日本高校代表として英国遠征およびニュージーランド遠征に参加
1984年:ニュージーランド・カンタベリー大学へラグビー留学
1987年:オックスフォード大・スタンレーカップに出場
1987年:世界選抜の一員としてオールブラックスと対戦
1995年:世界選抜の一員として南アフリカ選抜と対戦
大学選手権 日本―4回(81~83、85年)
日本選手権 日本―7回(89~95年)
キャップ数 (国際試合出場)30

名実ともに日本を代表するラガーマン。
現在は日本ラグビーフットボール協会普及育成委員として、少年ラグビーの普及活動に励むほか、テレビ・講演など幅広く活躍中。

講演テーマ

『人生是出会成』(一般・経営・研修)
ラグビーとは無縁だった私を変えた恩師・山口先生との出逢い。あの日、受験票を手に校門をくぐろうとした私の腕をぐっとつかみ、じっと目をのぞき込みながら「ラグビーをやらないか」と熱く語りかけてくれた山口先生の姿が今もまぶたにくっきりと焼き付いています。無意識のうちに「はい、そのつもりです」と答えている自分がそこに居ました。忘れもしないラグビー人生の始まり、伏見工高の入学試験日のことです。以来、山口先生は楕円球を触ったことすらない少年に、大きな夢を抱かせ、大切に育ててくださいました。あの時、先生と出会わなければどんな人間になっていたのか、今となっては想像できません。人生そのものを根本から変えてしまう「出逢い」。それは確かに存在します。現役を引退した後、ラグビーを通じた出逢いがますます増えた私は幸運です。こういった出逢いの素晴らしさを是非1人でも多くの人々に実感してもらいたいという熱い思いをこめた講演です。

『夢を活かす!』(教職員・PTA保護者対象)
喜怒哀楽に乏しく、嬉々とした輝きが失われているように見える今の子どもたちの瞳。一方で、周囲の大人たちの口から出る言葉は教育の難しさであり、豊かな心を育むことの難しさ。競争が当たり前の現代社会にあって、無気力・無感動な瞳が増えつつある中で、今度は自分が子どもたちの瞳をのぞきこんで夢を伝えていく立場にあると日々感じています。2007年にラグビー未経験者の高知中央高校ラグビー部のGMに就任し、荒れる生徒たちを率いて創部2年目で花園に出場を果たし、スポーツを通じて青少年の育成と社会貢献について力を注いでいる。これらの経験に基づいて子どもに夢を伝える方法を語ります。

『地域による青少年の育成』(企業・青年会議所対象)
地域のつながりが希薄になったといわれる昨今ですが、青少年の育成において地域や学校の連携は大切だと考えます。2005年同志社大学大学院総合政策科学研究科へ進学し、地域スポーツクラブによる青少年育成システム構築に関して研究する傍ら地域に住んでいる住民の一人ひとりが「地域で青少年を教育・育成していく」という当事者意識をもってもらうことの大切さや、地域住民と学校側とが相互理解を得られるようなまちづくりや活動についての講演も行っています。

委員など
神戸製鋼ラグビー部 アドバイザー
(財)日本ラグビーフットボール協会 普及育成委員 
(財)関西ラグビーフットボール協会 コーチソサエティ委員 
ユニセフ・評議委員
京都市立伏見工高ラグビー部 OB会長
京都市立伏見工高ラグビー部 後援会副会長
京都市社会教育委員
高知県観光特使
香川大学客員教授
高知中央高等学校ラグビー部ゼネラルマネージャー
書籍
「勇気のなかに」 アリス館
「友よ」 ダイヤモンド社
「夢を活かす!」 講談社

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail