pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 鎌田敏(かまたびん)

講師のご紹介

鎌田敏(かまたびん)

こころ元気配達人/こころ元気研究所所長

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

昭和43年生まれ。大阪育ち。
こころ元気配達人として、全国各地で講演・研修活動を行なう。
行政、PTA、福祉ボランティア団体、企業、商工団体、労働組合、青年会議所など多方面から講演・研修依頼をいただいている(年間約180箇所)。

神戸大学卒業後、就職するが…入社と同時にバブル経済の崩壊、いきなりリストラを経験。様々なアルバイト経験ののち、神戸大学大学院に進むが、卒業時に阪神大震災が襲う。神戸の地で「人生二度なし」の想いが心に刻まれる。

その後、企業にて技術職、営業職、管理職に携わる。その間、突然の病が発症し、格闘しながらの日々が続くなかで、「人生は、心のあり方ひとつでガラリと変わる」ことに気づき、「こころ元気に積極的に生きる」ことの大切さをあらためて深く心に抱く。

平成17年3月「こころ元気研究所」を設立。こころ元気配達人として講演活動を始める。出会いに感謝の日々。現在、毎年2万人以上の方々へ元気講演を配達している。

「元気を分かち合う」べく、「楽しく、わかりやすく、ためになる!」をモットーに、90分も“アッ”という間の元気講演をお届けしています。

産業カウンセラー、日本メンタルヘルス協会基礎カウンセラー、心理相談員、認定コーチなどの資格をもつ。日本選択理論心理学会正会員、日本ファシリテーション協会正会員。

講演スタイルはみんなが笑顔になる参加型講演。また講演だけでなく、組織活性化ファシリテーターとして明るく元気な職場づくりを応援するために、組織活性化、コミュニケーション、メンタルヘルス研修などにも力を入れている。

講演テーマ

-生涯学習-
『こころ元気に生きる』
『一隅を照らす生き方』
『こころ豊かに生きる』
『笑う門には福来る』
『生涯青春!こころ元気に生きる知恵』等
何よりも「こころ元気」であることが大切です。そこから全てが始まります。生きていることの素晴らしさ、心の豊かさ、生き甲斐とは何か…。「ありがとう」と言うことは大切なことですが、それと同じぐらい、あるはそれ以上に大切なこととして、相手に喜んでいただき、お役に立つことを通して「ありがとう」と言われる生き方が大切であります。これは、「集めるだけの人生」ではなく「与える生き方、与え合う人生」です。「二度ない人生」を豊かに充実させていくためにはこのような生き方が求められているように想います。ここで大切な人生の態度が「一隅を照らす」です。自分の択んだ、与えられたその片隅を照らし出していく積極的な、明るい人生の態度です。また、「健康」は人間の最大の関心事でもあります。身体が健康であっても、心が不健康では力強く人生を歩むことが出来ません。「心が健康である」ことが重要なのです。心の健康を保つための人生の態度や身近な習慣などもご紹介します。参加型のレクリエーションとして、簡単な脳トレなんかも行ないます。様々な「よもやま話」を交えながら、「楽しく・わかりやすく・ためになる」講演です。

-健康-
『こころとカラダの元気リフレッシュ法』
『一笑一若!こころ元気に生きる知恵』
健康診断を毎年受けて、どこも悪いところはない。でも、心が不健康…。一方で、身体にハンディがある、病気がちであったとしても、心が健康であれば…。どちらが、力強い充実した人生を歩んでいくと思われますか?「心が健康(こころ元気)」であることが重要なのです。身近な習慣としては、呼吸が大切です。「息」は「自らの心」と書きます。呼吸が心の健康と深く関わっていることを現代の私たちに教えてくれています。簡単な呼吸法、ご一緒にやりましょう。すぐ出来るんです。何故って、皆さんは何十年と呼吸をしてきた「呼吸の達人」だからです。しかも無料!森信三先生(昭和の偉大な教育者)が全国で提唱されてこられた「立腰」もやってみましょう。シャン、凛、効果抜群ですよ。簡単です。形(身体)から入ることも大切なのです。呼吸と一緒で、いつでも出来ます。笑顔(笑い)も大切である。「一笑一若」「一怒一老」なのです。こころの健康のための七つの習慣ご紹介します。参加型のレクリエーションとして、簡単な脳トレなんかも行ないます。

-教育-(PTA・子育て講演)
『元気父ちゃん、元気母ちゃんが子どもの未来を築く!』
『こころ元気な大人が、子どもの未来を築く!』~こころ元気に、今日からここから~
「富士は天晴れ、日本晴れ!」と明るく力強く人生を歩むには「こころ元気」からすべては始まります。「こころ元気」な父ちゃん、母ちゃんであれば、親の背を見て育つ子どもたちは自然と「こころ元気」な積極的な人生の態度を身につけ、人生を明るく力強く歩むことが出来るはずです。子どもたちは次世代を担う日本の宝です。だからこそ、父ちゃん、母ちゃんの「こころ元気」な人生の態度が大切なのです!元気父ちゃん、元気母ちゃんは、自分の人生も明るくなります。そして、家庭だけでなく多くの人達を明るくする存在です。元気父ちゃん、元気母ちゃんが万人そろえば、自分自身、家庭だけでなく、地域や日本も元気になる、それが私の願いです!明るい社会、明るい地域とはなにか?それは、「子供たちが大人の世界に夢を描ける社会」です。だからこそ、親、先生、地域の身近な大人たちの明るい人生の態度、元気な背中が大切なのです。

-社員研修-(モチベーションアップ&メンタルヘルス)
『こころ元気に仕事をするには』
『こころ元気に仕事をするには』~モチベーション&メンタルヘルス~
『一隅を照らす~仕事と人生~』 
人生において、仕事において、全てにおいて…何よりも「こころ元気」であることが大切です。そこから全てが始まります。仕事において、フットワーク(行動)・ヘッドワーク(知恵)はもちろん大切ですが、肝心要はハートワーク(仕事にかける想い)!そう、情熱なのです。そして時には、「ナニクソ!」という強い心のあり方も大切となってきます。ただ、娑婆に生きる私たちにとって、「よしやるぞ 一日もたない この気持ち」(サラリーマン川柳)というのが人情というもの。情熱はエネルギーなので、消耗してしまうことがある。だからこそ、大切なのがエネルギーを充電(チャージ)すること。どんなエネルギーが必要なのか?それは、仕事を通じての充実感(心の豊かさ)や「あぁ、この仕事やってて良かったなぁ」という仕事に対する価値を感じることです。相手に喜んでいただき、お役に立つことを通して「ありがとう」と言われる仕事の態度。お客様に対してはもちろんのこと、職場においても!である。感謝することは当然のことですが、感謝される生き方も同時に大切なのです。仕事を通じての充実感は、ここにあります。

-安全大会-
『安全は心の健康から~こころ元気に今日から、ここから~』
『こころ元気に仕事をするには~安全は心の健康から~』
『一隅を照らす~安全は心の健康から~』
仕事上の事故やトラブルは何故起きるのか?それは、判断力、集中力、確認力、そして何よりもコミュニケーション力(報・連・相など)の低下ではないでしょうか。「こころ元気(心が健康)」な積極的な仕事に対する態度が、これらの低下を抑えます。この態度は、仕事に対する誇りへと成長するはずです。一人ひとりが、誇りを持って仕事に取り組む。安全の基本は、ズバリ、ここにあります!そして、それは安全を通り越して商売繁盛へとつながるのです。「こころ元気」から全ては始まるということです!心の健康を保つための人生の態度や身近な習慣などをご紹介します。「分かりやすく・楽しく・ためになる」講演です。

-経営・リーダーシップ-
『リーダーの情熱・リーダーの背中』
『志が運命を拓く』
『先知先哲に学ぶ経営のこころ』
『先知先哲に学ぶリーダーのこころ』
孔子さんが「論語」の中で、2500年前に語った不変のリーダー必須条件とは?「利益」の本来の意味から導かれる「益」を得るための条件とは?古典などといっても全く堅苦しい内容ではありません。リーダーが心中深くに抱くべき、「情熱・志」とは外に発するエネルギーです。溢れんばかりのエネルギーを持っておられる方は、前へ前へ進むことが出来ますが、ほとんどの人はエネルギーが消耗し、こころ萎えてしまうことがある。これは、人情であります。大切なのがエネルギーをチャージ・充電してあげること。「充実感」や仕事の価値を感じる「価値感」が心中に充電されることが大切です。そのための仕事の態度とは?「利は義の和なり」といいます。「義」とは「集めるだけの仕事の態度」ではなく、「与えていく仕事の態度」、つまり「ありがとう」と言われる仕事の態度であります。そして何よりも「こころ元気」が大切です。全てはそこから始まります。人生を貫く棒であるところの「志」を強く持ち続けることは「こころ元気」な人生の態度です。道を拓いて力強く歩むために欠かせないのが「志」であり、自ら択んだ、あるいは与えられたその片隅を照らし出していく「一隅を照らす」精神なのです。志業においては、ストレスがつきものです。ストレスに負けないための日常の知恵・工夫などもご紹介します。
※経営者(企業トップ)だけでなく、企業内各リーダー層にも適しております。

-人権-
『命は宝』
私たち一人ひとりが、「こころ元気に生きる」出発点、それは「命の尊さ」、そして「この世に生を授かった私たち一人ひとりの命は尊いものである」を深く心に感じ、養うことにあると思います。そこから私たちは、「二度ない人生、いかに生くべきか」ということや「集めるだけの生き方ではなく、与え合う、喜び合う、支え合う人生」への気付きを得るからだ。私たちは「命の尊さ」を深く心に養い、「二度ない人生、いかに生くべきか」に想いをはせ、それぞれがそれぞれの「一隅を照らす」という人生の態度がもとめられているのです。

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail