pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 家田荘子(いえだしょうこ)

講師のご紹介

家田荘子(いえだしょうこ)

作家/高野山真言宗僧侶(高野山本山布教師・大僧都)

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

日本大学芸術学部放送学科卒業
高野山大学大学院修士課程修了
女優、OLなど十以上の職歴を経て作家に。
1991年、「私を抱いてそしてキスして―エイズ患者と過ごした一年の壮絶記録」で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
2007年、高野山大学にて伝法(でんぽう)灌頂(かんじょう)を受け、僧侶に。住職の資格を持つ。
高野山の奥の院、または総本山金剛峯寺にて駐在(不定期)し、法話を行っている。
著作は「極道の妻たち」、「歌舞伎町シノギの人々」、「四国八十八ヵ所つなぎ遍路」など129作品。
最新作は、取材・執筆に4年かけた「少女は、闇を抜けて 女子少年院・榛名女子学園」(幻冬舎)、「女性のための般若心経」(サンマーク出版)、「修羅な女たち」(光文社文庫)

高野山高等学校特任講師
大阪府泉佐野市観光大使
四国八十八ヵ所霊場会公認大先達
厚生労働省 偽造医薬品・指定薬物対策推進会議構成員

講演テーマ

<人権・男女共同参画>
『「一緒に生きていこう」~あなたの愛を求めています~』
『「一緒に生きて行きましょう」~生きるということ~』
私は小学生の時、いじめに遭いました。大人からも子どもからも疎外されて行く苦い経験の中から、「口に出して言いたくても言えない経験をしている人々が、この世には沢山いる」ことを学びました。それで、これまで光のあたっていなかった世界や人々、差別をされている人、苦しみの中で頑張っている人など、「言いたくても言えない経験をしている」弱い立場の人々に目を向け、私は取材をし続けて来ました。
ドメスティックバイオレンスを受けている(いた)日本女性は、現在5人に1人。10代の少女が受けるレイプ、少女売春買春。毎日「お子さんはまだ?」と言われ、産めないと、女性として半人前扱いされかねない不妊治療中の女性など、弱者は、実はすぐ隣にいて、熱いメッセージを送っているのです。けれども、「普通が一番」と思っている多くの人々は、そのメッセージに気がつきません。
現場に行き、必ず本人から取材をさせてもらう私は、皆さんに、ありのままの現状をお話しすることができます。普段見えていない社会の一面で、沢山の弱い立場の方々が頑張って生活をされています。
人権は、人が生きて行くために、どうしても必要なもの、侵害されてはならないものなのです。私は常に弱者の立場に立って、本やテレビで発言をし続けて来ました。真実を知ることにより、人権について、一緒に考えてみましょう。そして、愛をさしのべて下さい。一緒に生きている人がいてくれると思えたら、弱者は弱者でなくなるのです。取材を通じて学んだ「人権」そして「男女共同参画」についてお話しします。人権を守り、人に思いやりを持つには、どうしたらいいか、取材話を通じて、やさしくお話しします。

<薬物防止>
『「薬物からあなたの大切な人を守るために」~全国の取材現場から~』
『「ダメ ゼッタイダメ」~ドラッグからあなたの大切な人を守りましょう~』
ドラッグに手を出す子どもは、特別な子ども、特別な家庭と思っていませんか?そうではありません。いかなる子どもでも、いかなる家庭でもあり得ます。それは、全国の薬物依存症の
子どもや大人、その家庭を取材し続けて来たからこそ言えるのです。
「ウチの子は大丈夫」「田舎だから手に入らない」などと、まるで他人事、外国の話のように考えないで下さい。大人たちが、子どもたちの心の奥底まで知らないだけです。
また、違法とされているドラッグだけではなく、子どもたちは、家庭や近所のお店にある身近なものから手をつけて行くという現実があります。私は、多くの取材した薬物依存症の人々を亡くしました。薬物で9回、刑務所へ行った女性の身元引受人をしたこともあります。
下は、小学5年生の時にシンナーを始めたという女の子もいます。その誰もが無知から始めています。
だからこそ、大人たちが「ダメ!」と薬物教育をする必要があると思います。決して早すぎることはありません。一度手を出したら、オシマイ。家族をも子どもの将来をも巻き込みます。
では、どうしてそうなるのでしょうか?取材してきた生の声をお伝えします。そして、なぜ薬物に手を出したか…。その背景もお話します。それから、どうなったのでしょうか。では、どういう手助けをすることができるでしょうか?などについても、お話します。

<PTAの方々、生徒、子供の人権講演、社会貢献されている団体主催者様の講演会など>
『「ティーンからのメッセージ」~知ってもらいたい。子供たちのこと~』
『「子育てには、親育て」~家庭、学校、社会の現場から~』
私は、作家という仕事に就いてから今日まで、ずっとティーンたちの取材をし続けています。また、女の子の少年院榛名女子学園に一年間取材で入らせて頂き、運動会や成人式などの行事にも参加させてもらいました。子どもやそのご家族と一緒に泣いたり笑ったり…その間、何人もの女の子たちやご家族から、じっくりと話を聞かせてもらいました。大切なのは、家庭なのだと取材を通じて知りました。
「ウチの子は大丈夫。何かあれば言ってくれるから」と、受け身になっていませんか?今の子どもたちは、とても大人思いですから、心配をかけまいと、大事な問題は大人に言わないことが多いのです。
DV、ひきこもり、自殺、摂食障害、リストカット、薬物、犯罪などを経験した子どもたちの生の声を是非聞いて下さい。また、子どもたちに、同じ時代を生きる違う土地の子どもたちの実態を知ってもらい、一緒に考えてもらうことは大切なことだと思います。
子どもたちは、家庭の中だけでなく、学校や社会でも育てていく必要があります。子育てから遠ざかった方々にも参加していただける講演です。

<自殺対策 自殺予防など、生きることや命に関わる講演会>
『「この世に生まれ、生きて、生かされて…」~あと一歩前へ踏み出したいあなたへ~』
『「一緒に生きて行きましょう」~生きるということ~』
毎年、多くの方が、命を自ら絶っています。命を自ら絶つまで、とてもとても苦しまれたと思いますが、残された周りの方々は、もっともっと辛く悲しい思いを背負って、行かれること
になります。命を絶つのは、今や、大人だけではありません。お子さんも・・・。そうして、残された方々は、なぜ、心の痛みに気づけなかったのか?何かもっと前に出来なかったのか…
などと、ご自身を責められます。あなたの命と、あなたの大切な人の命を守るために、今、私たちができることをご一緒に考えてみませんか?
実は私も自分の命を絶つことを真剣に考えた時期があります。いじめられていた子供の頃は、毎日、楽に死ねる方法を考えていました。「極道の妻たち」Rを発表した後は、まだ女性が表舞
台で働くことが難しい時代だったので、マスコミからのバッシングが続きました。打たれ続けた私は、ついに心を患い、日常生活さえできなくなり、死を考えました。
それから、大失恋の時も・・・。
強い人なんて、一人もいません。強く見える人は、実は、もっと淋しくて孤独なものです。
解決しないまま、苦しいまま死を選んでも、苦しみは死後も続いてしまいます。死してなお苦しみが続くのならば、自ら、命を絶つことで、苦しみは終わりません。
命を切り捨てたいのではありません。人は生まれる日も親も選べませんが、この世に生を受けた以上、生きたいのです。そのためには、あなたの優しい心と、暖かな支えが必要です。自殺予防・防止のための講演ですが、私は、「死」よりも、「生きる」ということにスポットを当て、お話させていただきたいと思います。

『家田と行く四国八十八ヵ所の旅』
四国八十八ヵ所霊場は、2014年、開創1200年を迎えました。私は2005年から四国一周1400キロを毎月二泊三日で「つなぎ歩き遍路」をしています。
1200年前に、先輩遍路たちが辿った道を今日、お遍路さんたちが辿り、明日は、その土を踏みしめて後輩お遍路さんたちが辿って、遍路文化と歴史をつなげて行きます。
遍路は、一歩前へ出なければ、八八番札所まで行かれません。人生も同じです。四国八十八ヵ所巡りをご一緒に同行(どうぎょう)していただきながら、遍路を通じて見たこと聞いたこと、教えられたことなどについてお話しします。これからの「あなたの遍路道」を見つめてみませんか?

<元気の出る講演>
『「取材現場から」~私の出逢った人たち~』
「極道の妻たち」、「少女は闇を抜けて 女子少年院・榛名女子学園」、「歌舞伎町シノギの人々」、「私を抱いてそしてキスして・エイズ患者とすごした1年の壮絶記録」など、あの本、あの連載、あの事件のあの容疑者など、これまで25年以上してきた取材の裏側のお話をします。
本や雑誌に載せられなかったできごとや会話を含め、取材現場や人をありのまま、お話しすることによって、知られていない社会や人々の一面が見えてくることでしょう。
私は、光の当たっていない世界や人々にスポットを当て、取材をし続けて来ました。大変なのは、自分だけではありません。たくさんの人々が、それぞれの生き方と価値観を持ち、前向きな一歩一歩を歩んでいらっしゃいます。そういう人々の生き様と、取材を通じて教えられたことについて、お話ししたいと思います。

<市民講座・記念講演会など、また、神社・お寺の催しなど>
『「この世に生まれ、生きて、生かされて…~あと一歩前へ踏み出したいあなたへ~』
私は、子どもの頃、いじめに遭い、自殺を毎日考えていました。そういう私だからこそ「生きる」ということと向き合ってきました。
私は、ずっと女性を取材し続けています。もがきながらも頑張ろうと前を向いている女性たちばかりです。
生きるってステキなことです。そして大変なことです。だから私は、皆様の生き様を心の奥の奥から引き出してもらって、お話をうかがっているのです。取材で出会った、いろんな女性の話をさせていただきます。また、私自身のお話もさせて頂きます。

『四国遍路と、おもてなしの心』
四国の八十八の札所を巡る遍路は、名前や肩書き、年齢、人生など関係なく、誰もが「お遍路さん」です。
私は、四国遍路1400キロを毎月つないで歩いて行く「つなぎ歩き遍路」を9年前からしています。遍路は、たとえ一人歩き遍路でも、一人だけで八十八番まで行き、結願することはできません。多くの人々の思いやりをいただき、やっと廻れるものです。人生も同じです。たった一人では生きられません。皆で一緒に生きて行くことの大切さ、そして今何が必要なのか、遍路から学んだことを家庭や学校、社会におきかえ、皆様と一緒に考えて行きたいと思います。

『「自分の歩幅で小さな一歩一歩を」~もう少しだけ強く、優しくなりたいあなたへ~』 
いつの間にか、自分らしさを失っていたり、無理をして人に合わせたり、息切れしたりしていませんか? 
人は、生まれる場所も親も時間も選べません。一人一人顔が違うように、個性も一人一人違います。人と比べず、自分の歩幅で一歩一歩積み重ねて行けば、自分にふさわしい生き方を歩めると思います。自分らしい生き方をしていただくためのステップやエールになれますよう、取材を通じて出逢った方々のお話をします。
『「自分らしい生き方を~今こそ一歩前へ~』
私たちは、人と違うことを避け、「皆と一緒」ということに安心を覚えるような環境で育って来ました。けれども、今こそ、自分自身や自分の人生を大切に見つめてみる時が来たのではないでしょうか。私もその一人です。本当にやりたいこと、そして自分らしさを大切にしたいと思えるようになりました。私の場合、多くが、人生のほぼ折り返し地点からのスタートです。早くないスタートには、色々な特権があります。人と比べず、自分らしさを大切にして、人生を全うしていただきたい。取材をした方々のお話をし、皆様の背中を押す小さな力の一つになりたいと思っています。

<学生、教職員、保護者、企業のリーダー的立場の方々や社員、地元産業に貢献される団体様等>
『「自分らしく生きるために」~家田からのエール~』
『「自分の歩幅で小さな一歩を一歩を」~もう少しだけ強く、優しくなりたいあなたへ~』
私は、イメージと違い、体は小さいし喋ることより黙っている方が得意、静かな性格です。が、人に必ず会ってお話をうかがうという取材をしなくてはいけない職業についてしまいました。人の人生を取材して任せてもらうには、心を開き強い信頼関係を築く必要があります。何事にも逃げることは出来ませんし、時には、命を相手に預ける覚悟で取材に臨むことがあります。また、多くの人々に出逢わなければ、取材も進みません。もがきながらも前を見つめ頑張っている人、頑張ろうとしている人が必ずいます。そういう方々にエールを送りたい。また、地道に歩かれている人々と一緒に歩いて行きたい。そう思っています。
数々の尊い取材をくり返し、取材対象者から教えられてきました。会社や組織、団体の中には、いろいろな個性や能力の持ち主がいらっしゃいます。まだ自分自身を発揮できないという方もいらっしゃるかと思います。今は、コミュニケーション不足の人が増えていますから、人とのつき合い方が判らず困っていらっしゃる方もいます。今の時代、器用で要領が良く、お喋り上手な人が得をしているように感じられます。でも、やっぱりまじめにコツコツと積み上げていくことが大切なのではないでしょうか。不器用でも大丈夫。損な性格でも必ず「咲き時」を迎えられます。
取材で出逢った人々に教えられたこと、育ててもらったことなどをお話しますので、社内教育や部下のご指導、パワーを持ち帰って欲しい時など、頑張ってもらいたい人、頑張ろうとしている人に聞いていただきたい内容です。

<パーティなど、楽しい時間を過ごしてもらうのが目的の会に>
『「取材日記」~あの取材の裏側~』
「極道の妻たち」など、極妻ファンの皆様が喜んでいただけるような取材中のエピソード、また「私を抱いてそしてキスして」のエイズ取材や「歌舞伎町シノギの人々」など、興味を持っていただける世界の裏側をお話しながら、取材中教えられたこと、知ったこと、そして私たちがこれから生きていくために参考になること、助けになるようなこともお話したいと思います。愉しんでいただきながら、心に何かを留めてお持ち帰りいただきたい講演です。男性にも楽しんでいただける内容も、ご用意できます。

書籍
「極道の妻たち」(文藝春秋)
「バブルと寝た女たち」(講談社)
「渋谷チルドレン」(講談社文庫)
「歌舞伎町シノギの人々」(主婦と生活社)
「女霊」(リヨン社)
「新・極道の妻たち」(青志社)
「修羅な女たち」(KKロングセラーズ)
「私を抱いて そして キスして」(ぶんか社文庫)
「略奪愛のルール」(大和出版)
「不妊 -赤ちゃんがほしい」(幻冬舎アウトロー文庫)
「少女は、闇を抜けて 女子少年院・榛名女子学園」(幻冬舎)
「女性のための般若心経」(サンマーク出版)
「不倫のバイブル」(大和出版)
「四国八十八カ所つなぎ遍路」(ベストセラーズ社)

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail