pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 山村武彦(やまむらたけひこ)

講師のご紹介

山村武彦(やまむらたけひこ)

防災システム研究所 所長

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1943年、東京都出身。1964年、新潟地震でのボランティア活動を契機に、防災・危機管理のシンクタンク「防災システム研究所」を設立。以来50年以上にわたり、世界中で発生する災害の現地調査を実施。報道番組での解説や日本各地での講演(3,000回以上)、執筆活動などを通じ、防災意識の啓発に取り組む。また、多くの企業や自治体の防災アドバイザーを歴任し、BCP(事業継続計画)マニュアルや防災マニュアルの策定など、災害に強い企業、社会、街づくりに携わる。実践的防災・危機管理の第一人者。座右の銘は、「真実と教訓は、現場にあり」。著書は、「感染症×大規模災害 実践的分散避難と避難所運営」(ぎょうせい)、「災害に強いまちづくりは互近助の力 ~隣人と仲良くする勇気~」(ぎょうせい)など多数。

講演テーマ

『実践的避難所運営と在宅避難』
『首都直下地震に備える ~個人と企業の防災・危機管理~』
『南海トラフ巨大地震に備える ~BCP事業継続計画の再点検~』
『感染弱者のための感染症対策と防災・危機管理』
『企業の感染症対策と防災・危機管理』
『互近助の力 ~隣人と仲良くする勇気~』
『これからの防災・危機管理 ~個人の備えと組織の対応~』
『企業経営者が実践すべき防災対策と危機管理』
『防災・危機管理と三助の精神 ~自助・公助・近助~』
『マンションの防災・危機管理と在宅避難』
『中学生のための防災・危機管理』
『これからの台風防災 ~スーパー台風が日本列島を襲う~』

主な出演テレビ番組
NHK総合:「あさイチ」、「NHK 記憶スペシャル いつか来る日のために」、
 「首都圏ネットワーク」、「ニュース シブ5時」、「ニュースウオッチ9」、「気象情報」など
NHKEテレ:「NHKまる得マガジン」及び「NHKテキスト」講師
 シーズン1「実践! わが家の防災対策 日ごろの備え編」 (DVD版/発売)
 シーズン2「実践! わが家の防災対策 いざというときの行動編」 (DVD版/発売)
 シーズン3「家族を守る! 現場に学ぶ防災術」(WEB版/公開)
日本テレビ・よみうりテレビ:「情報ライブ ミヤネ屋」、「スッキリ」、「シューイチ」、
 「かんさい情報ネットten.」、「日テレ NEWS24」など
TBSテレビ・毎日放送:「ひるおび!」、「Nスタ」、「あさチャン!」、「ビビット」、
 「新・情報7days ニュースキャスター」、「報道特別番組‐Nスタスペシャル」、「グッとラック!」など
フジテレビ・関西テレビ:「プライムニュース イブニング」、「プライムニュースα」、
 「めざましテレビ」、「Live News it!」、「ノンストップ!」、「直撃LIVE グッディ!」、
 「バイキング」、「報道プライムサンデー」など
テレビ朝日・朝日放送:「羽鳥慎一モーニングショー」、「サタデーステーション」、
 「大下容子ワイド!スクランブル」、「スーパーJチャンネル」、「グッド!モーニング」、
 「報道ステーション」、「サンデーLIVE‼」、「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」など
テレビ東京・テレビ大阪:「ゆうがたサテライト」、「暮らしのワンポイント」など
※その他、報道番組を中心に、BS11、BS-TBS、BS日テレなどのBS局、
 テレビ西日本、テレビ熊本などの地方局、AbemaTV などのネット局、
 海外の英BBCテレビや米CNNテレビの番組など多数
所属・歴任
日本災害情報学会、地域安全学会、消防庁防災訓練活性化研究会、
災害時要援護者避難支援研究会、防災対策評価委員会など
主な現地調査実績
2020年:令和2年7月豪雨、新型コロナウイルス感染症・パンデミック大規模災害
2019年:オーストラリア大規模森林火災、令和元年東日本台風(台風19号)、
     令和元年房総半島台風(台風15号)、京都アニメーション放火事件
2018年:インドネシア・スンダ海峡津波、インドネシア・スラウェシ島地震、
     北海道胆振東部地震、平成30年7月豪雨(西日本豪雨)災害、
     大阪府北部地震、JR東海道新幹線殺傷事件、米ハワイ島キラウエア火山噴火、
     中津市耶馬渓町土砂災害、台湾東部地震
2017年:米カリフォルニア山火事、韓国民防衛・ミサイル危機、九州北部豪雨災害
2016年:糸魚川大火、鳥取県中部地震、岩泉町水害、熊本地震、スキーバス転落事故
2015年:関東・東北豪雨災害、千葉市竜巻、米カリフォルニア山火事、ネパール地震
2014年:長野県神城断層地震、広島市土砂災害
2013年:フィリピン台風第30号災害、伊豆大島土砂災害、米オクラホマ竜巻、
     浜松市春野町地すべり災害
2012年:九州北部豪雨災害、茨城・栃木竜巻、京都宇治市豪雨災害、
     桜島爆発的噴火
2011年:東日本大震災(3・11)、ニュージーランド・カンタベリー地震、新燃岳噴火
2010年:奄美豪雨災害
2009年:インドネシア・スマトラ沖地震、兵庫県佐用町水害、防府市豪雨、
     群馬県館林竜巻災害、オーストラリア大規模森林火災、
     中国九州北部豪雨(山口豪雨)災害、新型インフルエンザパニック、
     鶴岡市大網七五三掛地区・地すべり災害
2008年:岩手・宮城内陸地震、中国・四川大地震、富山県入善町高波災害
2007年:中越沖地震、能登半島地震、ペルー北部地震、三重県北部地震
2006年:北海道佐呂間町竜巻、宮崎県延岡市竜巻、長野県岡谷市土砂災害
2005年:パキスタン北部地震、JR福知山線脱線事故、米南東部ハリケーンカトリーナ災害、
     福岡県西方沖地震、韓国・大邱地下鉄放火事件
2004年:インドネシア・スマトラ島沖地震、新潟県中越地震、イラン・バム地震
2003年:十勝沖地震、7月梅雨前線豪雨災害、宮城県北部地震
2002年:平成14年台風第21号災害
2001年:米同時多発テロ事件(911)、新宿歌舞伎町雑居ビル火災、芸予地震
2000年:東海豪雨、鳥取県西部地震、三宅島噴火、有珠山噴火
1999年:台湾・集集大地震(921大地震)
1997年:インドネシア・カリマンタン森林火災
1996年:インドネシア・イリアンジャヤ津波
1995年:阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件、ロシア・サハリン北部地震
1994年:北海道東方沖地震、米ノースリッジ地震
1993年:インド西部地震、北海道南西沖地震、米領グアム島地震、北海道釧路沖地震
1991年:雲仙普賢岳噴火
1990年:フィリピン・バギオ大地震
1989年:米サンフランシスコ地震
1987年:千葉県東方沖地震
1986年:三原山噴火
1983年:日本海中部地震
1982年:長崎水害、ホテルニュージャパン火災(千代田区)
1980年:川治プリンスホテル火災
1978年:宮城県沖地震
1973年:大洋デパート火災(熊本市)
1972年:千日デパート火災(大阪市)
1968年:十勝沖地震
1964年:新潟地震など、計250カ所以上
書籍
「感染症×大規模災害 実践的分散避難と避難所運営」(ぎょうせい)
「災害に強いまちづくりは互近助の力 ~隣人と仲良くする勇気~」(ぎょうせい)
「NHK テキスト 家族を守る!現場に学ぶ防災術」 講師(NHK 出版)
「南三陸町 屋上の円陣 -防災対策庁舎からの無言の教訓-」(ぎょうせい)
「みんなの防災えほん」(PHP研究所)監修 ※繁体字、簡体字、韓国語版を翻訳出版
「スマート防災-災害から命を守る準備と行動」(ぎょうせい)
「新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている - 防災心理」(宝島社)
「人は皆「自分だけは死なない」と思っている - 防災心理学」(宝島社)
「防災・危機管理の再点検 - 進化するBCP事業継続計画」(きんざい)
「感染弱者のための新型インフルエンザ対策」(アニカ) など多数

-音楽CD-
「互近助さんの歌(作詞・山村武彦、作曲・山崎一稔)」(防災システム研究所)
受賞
第十五回科学技術振興功績者表彰
「科学技術庁長官賞」 1995年4月19日 科学技術庁(現・文部科学省及び内閣府)
※ 交通信号用非常電源装置開発に対しての表彰。その後、同装置は全国に普及。

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail