pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 岡田晃(おかだあきら)

講師のご紹介

岡田晃(おかだあきら)

大阪経済大学客員教授(大学院経済学研究科、経済学部)/経済評論家

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動があります。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1947年 大阪市に生まれる
1971年 慶応義塾大学経済学部卒業 同年 日本経済新聞入社 松山支局、地方部、産業部など
1987年 日本経済新聞 編集委員
1991年 テレビ東京出向 「ワールドビジネスサテライト(WBS)」マーケットキャスター
1994年 テレビ東京 経済部長「WBS」プロデューサー
    各種経済番組のプロデューサー、キャスター、コメンテーター
1998年 同 NY駐在(~2003年)
    NY支局長、テレビ東京アメリカ(米国現地法人)社長
2003年 同 理事・解説委員長
2006年 テレビ東京退職 同年 経済評論家として独立(~現在)
    大阪経済大学客員教授
2022年 大阪経済大学特別招聘教授(~現在)

講演では、できるだけ前向きなお話をして、
参加者に皆様に元気になっていただくことをモットーしている。

講演テーマ

―経済全般―
『復活に向かって動き出した日本経済――厳しさの中にも明るさあり!』
『ついに株価が史上最高値更新!――日本経済復活の号砲』
『2024年の景気展望――揺れ動く国際情勢と日本経済の行方』
『2024年の経済見通しと今後の企業戦略』
『揺れ動く国際情勢と混迷する政治――それでも日本経済は復活する!』
『「もしトラ」でどうなる――米大統領選の行方と日本経済』
『「台湾有事」でどうなる世界と日本経済』
『「新ジャポニスム」が日本経済を救う――世界の注目を集めるニッポン』
『地方を元気に!――日本経済再生と地方創生の展望』
『少子高齢化時代の日本経済と企業戦略』

―経営・ビジネス―
『危機の時代を乗り越える企業戦略――ピンチをチャンスに変える経営』
『「課題こそニーズだ」――危機の時代を乗り越える企業戦略』
『アフターコロナ時代の中小企業経営――生き残りの条件とは?』
『「人的資本経営」と「DX」がキーワード――アフターコロナ時代の企業戦略』
『ここが違う!好調企業の‟秘密”――危機を乗り越える中小企業経営とは?』
『事業承継成功の秘訣――企業を永続的に発展させる「10のポイント」』

―歴史から経済・経営を学ぶ―
『「江戸時代」に学ぶ日本経済復活のヒント
『徳川家康に学ぶ経済戦略――日本経済復活のヒントがここにある』
『徳川家康に学ぶ経営戦略――危機の時代を乗り切るヒントがここにある』
『ピンチをチャンスに変えた徳川家康――その危機突破力と日本経済復活の展望』 
『「江戸」の名君から学ぶ危機突破力と経済復活策
『「江戸」の商人から学ぶ危機突破力と経営戦略――鴻池、三井、
  近江商人、高田屋嘉兵衛…』
『徳川家康に学ぶ事業承継の最強モデル』
『戦国武将に学ぶ事業承継成功の秘訣――徳川家康、武田信玄、上杉謙信など』
『織田信長のイノベーション戦略――「常識」を変えた経営革命に学ぶ』
『真田幸村に学ぶ中小企業の生き残り戦略』
『戦国武将に学ぶ中小企業の生き残り戦略』
『「東の渋沢栄一・西の五代友厚」に学ぶ危機突破力と日本経済復活の展望』

書籍
「徳川幕府の経済政策――その光と影」(PHP新書)
「明治日本の産業革命遺産 ラストサライの挑戦!技術立国ニッポンはここから始まった」(集英社)
「やさしい「経済ニュース」の読み方」(三笠書房)
「これが高齢化社会だ」(共同執筆、日本経済新聞社)
「新・産業革命」(共同執筆、日本経済新聞社)
「21世紀への企業戦略」(共同執筆、日本経済新聞社) など

―連載―
会社四季報オンライン「賢者は歴史に学ぶ」
公益財団法人産業雇用安定センター広報誌「かけはし」
    「歴史に学ぶ ウィズコロナ時代の中小企業経営」
主な出演
テレビ東京系列:「ワールドビジネスサテライト(WBS)」、「モーニングサテライト」
        「クロージングベル」、「あすの日経朝刊」、「ニュースワイド11」、
        「ニュースウェーブ615」
東京MXテレビ:「東京マーケットワイド」
BSジャパン:「こちら経済編集長」
ラジオNIKKEI:「マーケット・トレンド」
NHK総合:「関西熱視線」(関西ローカル)
NHK Eテレ:「知恵泉」
インターネットTV:「ストックボイス」  その他多数