pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 岡村恭子(おかむらきょうこ)

講師のご紹介

岡村恭子(おかむらきょうこ)

生活習慣病予防士/スポーツインストラクター

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

健康・美容雑誌のライターとして、医師やトレーナー、スポーツ選手などを取材し、数多くの健康法やダイエット法を学ぶ。
ライターをして活動する一方で、世界チャンピオンを多数輩出する協栄ボクシングジム専属インストラクター、スポーツトレーナーとして、子供から高齢者まで幅広い年齢層の運動指導を手がける。
現在は、これらの経験を活かし、ライフスタイルを変えずに、誰でも簡単にできる生活習慣病の予防・改善に関する講演や、中高年齢者を対象にした、脳の活性化を図る脳トレーニング指導などを行っている。

講演テーマ

『仕事の集中とカラダ・リセット術~ボクシングから学ぶ安全管理~』
朝から夕方まで、仕事に集中し続けるのは不可能です。 時間とともに脳や体は疲弊し、集中力は低下、仕事のミスや労働災害などが起きやすい状況につながります。また、疲労をそのままにしておくことは、生活習慣病やストレス増加など、心身にさまざまな影響を及ぼします。
それらを防止するためには、疲労を取り除き、集中力を維持させることが必要です。
講演では、まず始めに高い集中力を持ち、過酷な減量に耐え、目標達成への強い精神力を持つボクサーのライフスタイルを取り上げます。
そこから、仕事に役立つ集中力を維持させる方法や、心の疲れ(ストレス)を取り除くストレス発散方法などを、ストレッチや簡単ボクシングを使ってレクチャーしていきます。

『身体の疲れを残さないために~疲労回復ストレッチ&ストレス発散ボクシング~』
IT化が進み、目の疲れ、肩・首こり、腰痛など、体の疲労や不調を感じる方が増えています。
不調を放置しておくことは、生活習慣病につながるだけではなく、自律神経の乱れにより、睡眠障害やうつ病といった精神障害を引き起こす原因にもなります。
また、肉体的な疲労を溜めておくことで集中力の低下を招き、仕事中の事故やケガなどの労働災害につながる要因にもなります。
講演ではまず、なぜ疲労が溜まるのかを理解していただき、職種に応じて疲れの溜まりやすい部位を中心に疲労回復法を学んでいただきます。
また、溜めてしまいがちなストレスと上手く付き合う方法として、ボクシングのパンチや防御を使ったストレス発散法や、ヨガの呼吸法でストレス解消を体感して頂きます。

『体と脳の健康 生活習慣病対策~脳にも身体にも必要な12 の生活習慣~』
生活習慣病は本人が気づかないうちに進行し、放っておけば重大な病気につながることもあります。
病気を予防・改善するためには、運動も食事も正しい睡眠も大事!ということはみんな分かっているはず。しかし実際は「何をしてよいのか分からない」「面倒くさい」「無理」「時間がない」「続かない」といって、あきらめてしまうケースが多いのです。
講演では、まずはここから始めてほしい、聞いた後からすぐに実践できる、誰でも簡単にできる生活習慣の予防・改善法をレクチャーしていきます。

『~コンピュータ操作からくる身体的不調を取り除く~VDT症候群の予防法』
VDT(Visual Display Terminal)作業により、目の疲れや肩・腰コリといった身体的疲労を感じる人は9割にも上ると言われています。
身体的疲労をそのままにしておくことは、生活習慣病にもつながるだけではなく、自律神経の乱れにより、うつ病などの精神障害を引き起こす原因にもなります。
仕事の効率アップや欠勤率減少、職場のコミュニケーション向上のためにも、予防・改善はとても大切なことです。
セミナーでは、VDT症候群予防のためには何をすれば良いのか、疲労解消はどのようにすればよいのかなど、実技を交えてレクチャーしていきます。

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail