pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 宇津木妙子(うつぎたえこ)

講師のご紹介

宇津木妙子(うつぎたえこ)

元女子ソフトボール日本代表監督

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1953年埼玉県生まれ。川島中学校1年時からソフトボールを始める。
星野女子高等学校を経てリーグ1部のユニチカ垂井に所属し、1974年世界選手権出場。
1985年に現役引退後、ジュニア日本代表コーチを経て日立高崎の監督に就任。
当時3部だったチームを1部で優勝するまでのチームに育て上げた。
1997年に日本代表監督に就任、2000年シドニー五輪銀メダル。
2004年アテネ五輪銅メダル。2004年9月、日本代表監督を退任。その功績が讃えられ、
日本人初、指導者としてISF(国際ソフトボール連盟)の殿堂入りを果たした。
2011年にNPO法人ソフトボール・ドリームを設立。
現在は後進の育成や競技の普及に尽力している。

指導者・宇津木妙子、今後の夢は・・・ 愛するソフトボールの魅力を全世界に。
そして、何事にも真剣に、真正面から向き合うことの大切さを伝えていきたい。

~指導者・保護者・企業管理職の方々へ~
○より良いチーム(組織)を作るために
 選手(子ども、部下)に対して、何事にも真剣に真正面から 向き合う(話す)ことが大切。
 中途半端な気持ちで話すことでは間違いなく相手には伝わらない。
 指導者としての責任の取り方。

○ひとりはチームのために
  具体的な目標設定。何でも率先してやる。
  また誰が何と言おうとやり通す強い気持ちを持つこと。



1986年 日立(現ルネサス)高崎監督就任
    当時3部だったチ-ムに対し、1部チームとの違いは
    選手の取り組む姿勢と意識によるものだと認識、練習によって自信をつけさせるとともに、
    整理整頓、礼儀、挨拶といった「生活のル-ル」をつくり、4年で1部に昇格させた。
1990年 全日本監督として、世界選手権・アジア大会(銀メダル)
1996年 アトランタオリンピック/コーチ(4位)
    ソフトボール競技として初参加したアトランタ五輪では
    4位入賞も「なぜ勝てなかったのか?」 を追求し続け、
    コーチの目から「足りなかったものは何か?」を模索。
1997年 全日本代表監督就任
1998年 世界選手権(3位)・アジア大会(準優勝)
2000年 シドニーオリンピック監督(銀メダル)
    アトランタ五輪後に全日本の監督に就任、シドニー五輪を目指した。
    目標を明確にしたチーム作りが最も必要だと感じ、“金メダルを取ろう”を合言葉に、
    とにかく厳しい練習で世界のレベルまで引き上げた。
    監督の方針すなわち作りたいチーム像を選手一人一人に理解してもらい、
    個性派選手15人の心を一つにすることができた。
2002年 世界選手権・アジア大会(銀メダル)
2003年 ルネサス高崎総監督に就任
2004年 アテネオリンピック監督(銅メダル)
    アテネ五輪でも引き続き代表監督として銅メダル獲得に貢献。後、全日本監督を辞任。
2005年 ISF(国際ソフトボール連盟)殿堂入り
2008年 解説者として北京オリンピックでともに戦う(金メダル)
    北京五輪の解説者として、多くの国民に感動を与えるとともに選手の心の支えとなった。
    宇津木麗華さんとの信頼関係、大エース上野由岐子選手との“絆” 
    ソフト界における「宇津木イズム」は継承され続けている。
2009年 ルネサステクノロジ(現:ルネサスエレクトロニクス)高崎事業所シニアアドバイザー就任
2010年 東京国際大学女子ソフトボール部総監督に就任
2011年 NPO法人ソフトボール・ドリーム設立
2014年 世界野球ソフトボール連盟理事に就任
2015年 ビックカメラ女子ソフトボール高崎シニアアドバイザーに就任

講演テーマ

『夢の実現 ~努力は裏切らない~』
学生時代上手な選手ではなかったが、自分にできることは何かを考えることで
社会人チームでも活躍できるようになった。指導者になってからも、最初は3部リーグでの
スタートだった。1部チームとの違いは選手の取り組む姿勢と意識によるものだと認識。
練習によって自信をつけさせるとともに、整理整頓、礼儀、挨拶といった「生活のルール」を
つくりチーム改革を行った。日本代表監督に就任後は、目標を明確にしたチーム作りが
最も必要だと感じ“金メダルを取ろう”を合言葉に、とにかく厳しい練習で世界のレベルまで
引き上げた。個性派ばかりの選手の心をどのように一つにできたのか。
宇津木流の指導法をお伝えする。

『チームビルディング ~“人財”を育て、自分が育つ~』
『夢と人生 ~何事にも真正面から向き合うこころ~』

書籍
「宇津木妙子ソフトボール入門-レベルアップのための基本技術と勝つための戦術」(大泉書店)2001年
「女は女が強くする」(共著、草思社)2001年
「チームワーク 心を一つにして」(学陽書房)2001年
「努力は裏切らない」(幻冬舎)2001年
「金メダルへの挑戦!シドニーからアテネ、そして北京へ」(学陽書房)2004年
「いちばんわかりやすいソフトボール入門」(大泉書店)2006年
「宇津木魂 女子ソフトはなぜ金メダルが獲れたのか」(文藝春秋)2008年
「ソフトボール眼」(講談社)2009年
講演実績
NPO法人地域活性化支援ネットワーク協議会ぎふ  市民セミナー講演会
株式会社ファーマネットワーク  社内キックオフ講演会
日本電気株式会社北陸支社 北陸NUA  ユーザーフォーラム講演会
東京都日の出町  生涯学習事業講演会
キャノンマーケティングジャパン キャノングランドサミット2011
中外製薬株式会社 信頼性保証ユニット全体会議
アドビシステムズ株式会社 エグゼクティブディナー 基調講演
日本郵政株式会社中国支社 社内講演会  その他多数の講演歴あり

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail