pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 杉江弘(すぎえひろし)

講師のご紹介

杉江弘(すぎえひろし)

航空評論家(元日本航空機長)

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1969年慶應義塾大学法学部卒業。
同年日本航空に入社し、DC-8、B747、エンブラエルE170などに乗務する。
首相フライトなど政府要請による特別便の経験も多い。
B747の飛行時間では14051(機長として12007)時間を記録し、
2011年にボーイング社より、それを記念して設計者のジョー・サッター氏のサイン入りの
モデルプレーンを贈られ表彰を受ける。
2011年10月の退役までの総飛行時間(全ての機種)は21000時間を超える。

元日本航空機長で、ジャンボジェット(B747型)飛行時間で世界一の記録を更新中。
安全推進部調査役時代には日本航空の重要な安全運航のポリシーの立案、推進に従事し、
特に「スタビライズド・アプローチ」と呼ばれる飛行方式は、
現在では広く航空界全体に採用されて安全運航に寄与している。

現役時代から航空安全に係る著書も多く、退役後も出版を続け、
新聞、テレビ等メディアに出演、それに各地での講演会を通して、
航空問題について(最近ではLCCの安全性も)解説、啓蒙活動を行っている。
また海外での生活体験を元に、日本と外国の文化の違いを解説し、
日本と日本人の将来のあるべき姿などにも一石を投じている。日本エッセイストクラブ会員。

講演テーマ

『ヒューマンエラーをどうなくすか』
『危機管理とリスクマネジメント』
『乗ってはいけない航空会社と安全な航空会社』
『LCC時代の空の安全』
『マレーシア航空機はなぜ消えた』
『元JALのジャンボ機長が語る医療安全』
『ジャンボと飛んだ空の半世紀』
『世界の珍しい地理を空からの写真で説明』
『世界の絶景』 など

※航空の安全問題(最近ではLCCについて)、危機管理リスクマネジメント、
 日本と世界の文化の違いなどの講演が可能です。 

書籍
「JAL123便墜落事故 自衛隊&米軍陰謀説の真相」(宝島社)2017年12月
「航空無線と安全運航」(成山堂書店)2017年11月
「蒸気機関車よ永遠に」(イカロス出版)2017年9月
「乗ってはいけない航空会社」(双葉社)2016年10月
「飛行機ダイヤのしくみ」(成山堂書店)2016年8月
「747 ジャンボ物語」(JTBパブリッシング)2016年7月
「高度1万メートルから届いた世界の夕景・夜景」(成山堂書店)2015年12月
「空のプロの仕事術-チームで守る航空の安全」(交通新聞社)2015年2月
「機長の絶景空路 羽田=札幌・大阪」(イカロス出版)2015年1月
「マレーシア航空機はなぜ消えた」(講談社)2014年7月
「危ういハイテク機とLCCの真実」(扶桑社)2013年4月
「ジャンボと飛んだ空の半世紀-“世界一”の機長が語るもうひとつの航空史」(交通新聞社)2012年12月
「日本人はなぜ足元を見られるのか?-「お人好し民族」の悲哀」(アスキー・メディアワークス)2012年8月 
「プロフェッショナル・パイロット」(イカロス出版)2010年7月
「機長が語るヒューマン・エラーの真実」(ソフトバンク新書)2006年3月
「1万メートルからの地球絶景」(講談社)2003年12月
「機長の「失敗学」」(講談社)2003年4月
「機長の告白-生還へのマニュアル」(講談社)2000年8月
主な講演実績
東京大学/NHK/JR東日本/新日鉄住金/ライブラリーヒルズ/フェリス女学院 等

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail