pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 田辺鶴瑛(たなべかくえい)

講師のご紹介

田辺鶴瑛(たなべかくえい)

講談師

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

昭和30年11月22日北海道函館市生まれ。地元小中学校卒業。札幌藤女子短期大学別科卒業。19歳のとき母が死亡。心の空白を埋めるためインド・インドネシア・沖縄に旅立つ。帰国後、陶芸家、彫刻科助手、女優を日指すも、成就せず断念。夫と出会い結婚、出産、子育ての後、義母が倒れ3年間の介護。義母の死後、平成2年9月、夢の中に田辺一鶴氏が現れる。一ケ月後、新聞に田辺一鶴氏の「講談修羅場道場開講」の記事を見つけ、「これだ!」と心を揺さぶられ飛んで行く。平成17年より認知症の義父を在宅介護。介護街道を邁進し、平成23年暮れ、義父を看取る。

平成2年11月:講談師田辺一鶴氏に入門「あか美」
平成7年4月:二つ目昇進「鶴英」
平成15年9月:講談協会、真打昇進
平成18年7月:ニューヨーク公演
平成18年11月:ハンガリー公演
平成19年:在宅介護ビデオ「ほっとけ心のアッパレ介護」制作
平成20年10月:改名して「鶴瑛」

自らの経験から「介護講談」という独自の世界を確立した。人知れず味わった苦しみ、講談と出会いそこに光が見えた。「人にしゃべると胸のつかえがとれる。」そんな経験から生まれた介護講談。地方行政や介護グループ、彼女は声がかかればどこにでも出かける。題材は自分の経験や分りづらい介護保険など。そして講談の後には座談会で様々な意見が飛び出す。苦労を語らせ楽にさせ、それを新ネタの材料に。平成17年からは、自宅で義父を介護している。ホームヘルパー2級取得。「2人目までは辛かった。でも今は介護することで逆に自分が癒される。」と語る田辺鶴瑛。介護の世界に新風が吹く。

講演テーマ

-介護講談-
 『鶴瑛の修羅場介護日記』
 『ほっとけ心のアッパレ介護』
 『介護を明るく前向きに~2人の母を看取って~』

-環境講談-
『森と水と人間』
『江戸時代のリサイクル再現』
『循環型社会をめざして~塩原太助による江戸リサイクル~』

-男女共同参画講談-
『女と男、未来の子供達にできること』

-防災講談-
『伝説の消防士』

-親子の絆を描く-
『家宝の錆斧』

書籍
「ぴんぴんころりでいきましょう」(文芸社)
「ふまじめ介護」(主婦と生活社)

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail