pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 大宅映子(おおやえいこ)

講師のご紹介

大宅映子(おおやえいこ)

評論家

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1941年東京生まれ。
1963年国際基督教大学卒業後、PR会社勤務を経て、1969年に㈱日本インフォメーション・システムズ(NIS)を設立。代表取締役社長をつとめる。
NISでの、企業や団体の文化イベントの企画プロデュースのかたわら、1978年から始めたマスコミ活動では、国際問題・国内政治経済から食文化・子育てまで守備範囲広く活躍中。
これまで多くの審議会の委員もつとめてきた。
マスコミでは「6時のサテライト」(TV朝日系)からスタートして、「星からの国際情報」(TV東京系)のほかフジテレビ「ザ・ウィーク」、TBS「モーニングアイ」など数多く出演してきたが、最長の出演期間は(1982~96年)14年間「あまから問答」(TV朝日系)、大臣にインタビューしたことは日本政治を読む上での蓄積となっている。
現在は、TBS系ラジオ「ニュースプラザ」(土曜日)、TBS「サンデーモーニング」など数々の番組に出演中。

講演テーマ

『改革の主役は1人ひとり』
『日本を元気にする方法』
『構造改革とは何か』
『愉しく欲張って生きる』
『よく生きる、よく老いる』
『どう輝いて生きるか』

委員など
地球的規模の環境問題に関する懇談会
医療保険福祉審議会
行政改革委員会
警察刷新会議
教育改革国民会議
税制調査会特別委員
衆議院議員選挙区画定審議会委員
司法制度改革推進委員会顧問
道路関係四公団民営化推進委員会
民間企業では、㈱資生堂社外監査役のほか数社のアドバイザリーボードメンバー
書籍
「わが娘に 母のこんな心を伝えたい」(三笠書房)1988年 
「私の雑草教育」(三水社)1990年
「どう輝いて生きるか」(海竜社)1990年
「だから女は面白い」(海竜社)1993年
「いい親にならなくていい!」(海竜社)2000年
翻訳「エイズ-手をつないだ位では感染しない」(グラフィック社)1987年

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail