pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 河野義行(こうのよしゆき)

講師のご紹介

河野義行(こうのよしゆき)

NPO法人「リカバリー・サポート・センター」顧問/元長野県公安委員

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1950年愛知県豊橋市生まれ。
1973年名城大学理工学部卒業。1976年長野県松本市に転居し、結婚。
1994年6月に「松本サリン事件」に巻き込まれサリンの被害を受けるだけでなく、
長野県警やマスコミから犯人扱いされる。潔白の証明と名誉の回復のため、
日本弁護士連合会の人権擁護委員会に人権の救済を申し立てる。
また、地元新聞社に対して民事訴訟を起こす。
期せずして「地下鉄サリン事件」が起こり、無実が証明される。
マスコミ各社、長野県警本部長、国家公安委員長らが相次いで謝罪。
その後、報道被害の防止・救済を訴えて講演等を精力的に続けている。

講演テーマ

『家族の絆』
『妻よ!~わが愛と希望と闘いの日々~』
『体験を語る~より良き支援を求めて~』
『「松本サリン事件」冤罪の構造』
『疑惑は晴れようとも』
『松本サリン事件報道の罪と罰』
『報道被害者から見るメディア』
『事実を伝えよ。誤報は正せ』

書籍
「「疑惑」は晴れようとも―松本サリン事件の犯人とされた私」(文藝春秋)1995年
「松本サリン事件報道の罪と罰」共著(第三文明社)1996年
「事件を語る 社会を視る-明日の法律家へ」(日本評論社)1997年
「妻よ!-わが愛と希望と闘いの日々」(潮出版社)1998年
「松本サリン事件-虚報、えん罪はいかに作られるか」(近代文芸社)2001年
「報道は何を学んだのか-松本サリン事件以後のメディアと世論」(岩波書店)2004年
「妻よ!-松本サリン事件を乗り越えて」(新風舎)2004年
「命あるかぎり-松本サリン事件を超えて」(第三文明社)2008年
「今を生きるしあわせ」(鳳書院)2012年

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail