pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 幸田昌則(こうだまさのり)

講師のご紹介

幸田昌則(こうだまさのり)

不動産市況アナリスト

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

福岡県出身。九州大学法学部卒。
リクルートが発行の「住宅情報」誌の創刊責任者を三大都市圏で歴任。
不動産市況アナリストとして、90年バブル崩壊以前の1989年11月に発表した
「関西圏から不動産価格が大幅に下落する」は不動産業界に波紋を呼び、
予測の正確さが実証されて以来、長年にわたって不動産市況について
発信を続けている。
また、近年では、高齢化社会の進行や人口減少、更に、ネット社会の到来や、
様々な格差の拡大が、日本の不動産市場に構造的な変化を与えていると
指摘している。
的確な市況分析と助言とで、多くの支持者を擁するマーケット分析の第一人者。
現在は、ネットワーク88を主宰。不動産業の経営、事業・営業戦略のアドバイス、
幹部研修などでも活躍している。
また、土地資産家や企業経営者を対象とした講演では、データを基に、
具体例を交えた分かり易い解説に定評がある。

講演テーマ

『コロナ禍・石川県における今後の不動産業界の景況』
など他、テーマご相談下さい。

書籍
「リクルート・江副浩正から学んだ「成長の経営哲学」」(週刊住宅新聞社)
「東日本大震災後の 不動産の鉄則」(日本経済新聞出版社)
「不動産で豊かになる10年先の読み方」(日経プレミアシリーズ・日本経済新聞出版社)
「失敗に学ぶ 不動産の鉄則」(日本経済新聞出版社)
「下がり続ける時代の 不動産の鉄則」(日経ビジネス人文庫・日本経済新聞社)
「下がり続ける時代の 不動産の鉄則」(日本経済新聞社)
「不動産 新しい考え方と利益の出し方」(中経出版)
「不動産 これから10年のトレンド」(日本経済新聞社)
「不動産価格はまだ下がる」(日本経済新聞社)
「不動産ビジネス 価格破壊の時代」(日本経済新聞社)
「不動産ビジネスがまるごとわかる本」(東洋経済新報社)

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail