pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 村田晃嗣(むらたこうじ)

講師のご紹介

村田晃嗣(むらたこうじ)

国際政治学者

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1964年(昭和39年)神戸生まれ。
1987年同志社大学法学部政治学科卒業。
1995年神戸大学大学院法学研究科博士課程修了。
1991~1995年米国ジョージ・ワシントン大学留学。
(ジョージ・ワシントン大学大学院博士課程(政治学)単位修得)
1998年神戸大学博士(政治学)。
1999年広島大学総合科学部助教授。
2000年10月同志社大学法学部助教授、2005年4月同教授。
また、同年より同志社大学大学院法学研究科前期・後期課程教授。
2011年4月~2013年3月同志社大学法学部長・法学研究科長。
2013年4月~2016年3月同志社大学長。

講演テーマ

『激動する世界情勢と日本の課題』など

受賞
1996年11月 読売論壇新人賞優秀賞
1999年 6月 アメリカ学会清水博賞・サントリー学芸賞受賞
2000年 3月 吉田茂賞受賞
主な委員
一般財団法人平和・安全保障研究所研究委員
国際安全保障学会理事・企画運営委員
アメリカ学会理事
京都日米協会会長
書籍
「大統領の挫折 カーター政権の在韓米軍撤退政策」(有斐閣)
「米国初代国防長官フォレスタル 冷戦の闘士はなぜ自殺したのか」(中央公論新社)
「アメリカ外交 苦悩と希望」(講談社)
「プレイバック1980年代』(文藝春秋)
「現代アメリカ外交の変容 レーガン、ブッシュからオバマへ」(有斐閣)
「レーガン いかにして「アメリカの偶像」となったか」(中央公論社)
「オバマ大統領―ブラック・ケネディになれるのか」(文春新書) ほか、共著、論文など多数。
主な出演
テレビ朝日:「スーパーモーニング」、「朝まで生テレビ!」、「ビートたけしのTVタックル」
読売テレビ:「そこまで言って委員会NP」 など

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail