pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 進藤勇治(しんどうゆうじ)

講師のご紹介

進藤勇治(しんどうゆうじ)

産業評論家/前東京大学特任教授/元通産省企画官

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1951年 愛媛県生まれ
1974年 東京大学工学部 卒業 
1976年 東京大学大学院 修士課程修了
1976年 通商産業省 工業技術院 入省
1984年 工学博士 (東京大学)
1986年 マサチューセッツ工科大学客員研究員(国費派遣)
1995年 通商産業省工業技術院 国際研究協力企画官 
1996年 通商産業省 退官
    企業の顧問、コンサルタント等
2008年 東京大学特任教授
2010年 進藤産業研究所 代表

経済・産業問題やエネルギー・環境問題について最新の情報を提供しつつ、
社会の動向と産業界の課題に関して、専門的になりすぎず、丁寧でわかりやすい解説で好評。
特に、独自に情報を分析し、他では得られない、時代の先を行く有益な情報の提供で有名。
また、企業の経営指導を行う他、テレビの報道・ニュース番組で解説を行っている。

講演テーマ

『SDGsの意義と企業の取組み』
SDGsは持続可能な社会の実現を目指して17のゴールと169のターゲットから構成されており、SDGsに取り組む企業の企業価値の向上と、企業に利益をもたらすものです。日本企業にとってSDGsが経営戦略上の極めて重要な目標となっています。環境問題・地球温暖化対策、持続可能な消費と生産など、企業のSDGs取組み事例を解説いたします。

『日本農業の課題と展望』
国際的に自由貿易が推進される中、日本の農産物について、特に価格面での国際競争力が問題になっています。そのような中、農協も含め日本農業に対して様々な改革案が出されています。今の日本農業には冷静で客観的な視点による分析が最も重要ではないでしょうか。私の講演では、中立の立場で日本農業の課題や今後の展望について多角的にお話しします。

『環境経営と企業の課題』
企業経営において環境問題への取り組みは極めて重要です。環境マネジメントシステムの認証取得や企業の社会的責任(CSR)として環境問題の取組みについて、事例を多くあげて解説します。近年、EUでは製品に対して厳しい環境規制を実施しており、日本の企業にも大きな影響が及んでいます。環境経営の動向と企業の対応策について解説します。

『日欧EPAによる経済振興と企業の課題』
EPAは経済連携協定のことで、関税の撤廃・軽減が促進されます。日欧EPAでは、日本の自動車や機械等の輸出が一層促進されます。国内の小売業、飲食業、観光業等の食関連産業も振興します。さらに、欧州での日本食ブームにより、和牛肉、日本酒、日本食材等の輸出も一層増加します。日欧EPAによりメリットを受ける業種や企業の取組み課題を詳しく説明します。

『激動する世界情勢と日本経済の展望』
英国のEU離脱は、英国をEUの拠点としている多くの日本企業に影響を与えます。日本にとってEUは中国、米国に次ぐ貿易相手ですが、日欧EPAが発効しました。米国はTPPを離脱しました。また米国は中国等に貿易戦争を仕掛けました。世界の情勢が不透明で混乱する中、世界経済の動向を見極めつつ、今後の日本経済を展望し、また企業のとるべき対策を提示します。

『エネルギー・環境問題と日本経済の展望』
今、日本のエネルギー政策は大きく転換されています。電力と都市ガスの小売り自由化も実施されました。また、再生可能エネルギーも曲がり角を迎え、その制度も大きく変わろうとしています。地球温暖化問題についてはパリ協定が結ばれて国際的な取り組みが進められています。エネルギー・環境問題の最新の動向と企業の対策課題を解説します。

『省エネ・節電対策と企業の課題』
波はあるものの原油価格は上昇基調にあります。また、東日本大震災後の電気料金の値上がりは企業経営に大きな影響を与えています。全ての企業はこのような時代を生き抜くために省エネ・節電に可能な限り取り組まなければなりません。省エネ・節電の基本対策法から、オフィスや工場などケースごとの対策法を専門的な視点から解説します。

『原子力と日本のエネルギーの展望』
原子力に関しましては、あまりにも不正確な情報が流布されているとよく言われています。期待された再生可能エネルギーも曲がり角に来ています。日本の将来のために、原子力やエネルギー全般について正確な情報や知識が今必要ではないでしょうか。正しい知識や情報を基に原子力について考え、日本のエネルギーの将来を中立的な立場で展望します。

『エネルギーの動向と日本経済の展望』
原油価格の国際動向と日本経済への影響を展望します。エネルギー基本計画に基づき日本のエネルギー政策、転換期を迎えた再生可能エネルギーの動向と課題、日本の産業において、期待されるエネルギーのベストミックスを解説します。現在の日本のエネルギーを総合的に俯瞰し、日本経済を的確に展望します。

『地球温暖化の日本経済への影響と対策』
地球温暖化は確実に進行しています。日本では、豪雨・水害が多発しております。温暖化は既に農業や水産業に直接影響が出ています。温暖化は生活の様態も変えようとしています。エネルギー利用、生産活動、サービス業、観光等に至るまで、日本経済に大きな影響を与えています。今後地球温暖化はどのように進行するのか、業種別の影響は何か、経営者として取るべき対策は何かなどを解説し、さらに地球温暖化に関する国際動向と、日本政府の対応策についても解説します。

主な出演
NHK教育「サイエンス」
NHKBS「学生チャンネル」
TBSテレビ「オールスター感謝祭」
テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ」
テレビ東京「NEWS FINE」
フジテレビ「ニュースな晩餐会」
フジテレビ「めざましテレビ」
大和証券テレビ(CS)「エコノミマルシェ」、他、多数
書籍
「地球環境ビジネス読本」(オーム社)
「新エネルギーシステム」(技法堂出版)
「クリーンエネルギーのフロンティア」(クリーンエネルギー研究所)
「地球温暖化を防ぐ」(日本放送出版協会)
「Expanding World of Chemical Engineering」英文(英国G&B 科学出版社)
「環境年表」(オーム社、編集幹事長)、他、多数

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail