pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 杉山裕太郎(すぎやまゆうたろう)

講師のご紹介

杉山裕太郎(すぎやまゆうたろう)

歌手/講師/ラジオパーソナリティ/俳優

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1974年、岐阜県生まれ。埼玉県在住。
少年時代は優等生だったが、中学を境に非行に走り、暴走族リーダーや薬物乱用など、人生のどん底へ転落。しかし、23歳の時の父との一夜の壮絶なドラマをきっかけに更生し、26歳で大学へ入学、首席で卒業、教員免許も取得したが、「歌で世の中の人たちに勇気を与えたい」と、30歳で音楽活動のために上京した。
現在は、いじめ、自殺、虐待、非行、薬物乱用などの悲劇の抑止力となるため、「魂のうた講演ライブ」を全国各地で開催。ネット社会に警鐘を鳴らし、愛と絆の大切さを強く訴えながら、人々に勇気と希望と感動を与え続けている。
このほか、CD・著書の出版やメディア出演、悩み相談などにも尽力。プライベートでは子煩悩なイクメンパパとして子育てにも奮闘中。

1974年6月26日岐阜県で生まれる。幼少期は学級委員などを歴任する優等生。
1989年:中学時代に非行に走り始め、暴走族リーダー、薬物乱用など経験。
1998年:親のコトバをきっかけに愛情に目覚めて再出発、更生へ。
2000年:教師になる為25歳で大学入学。
2004年:大学を首席で卒業。その後、歌手活動の為に上京。
2007年:1stシングル「BIRTH」発売と同時にライブ活動を本格的に開始。
2008年:全国の市町村、学校等で「愛と絆」がテーマの「魂のうた講演ライブ」活動を開始。ラジオ番組のパーソナリティや、映画・Vシネマなどの俳優としても出演。荒川フルマラソン完走。
2009年:34歳で結婚と同時に事務所「SOUL VOICE」設立。1stアルバム「SOUL VOICE」発売。
2010年:自身の半生を描いた著書「よみがえれ、魂の歌声」(主婦と生活社)出版。NHKニュース「おはよう日本」等多数のTV、新聞、雑誌などで活動が紹介される。2011年 震災ボランティアとして宮城県に行き、復興支援活動。CD売上の一部から、ホットカーペット、シャンプー、衣類、飲料など支援物資を寄付。
2012年:2ndミニアルバム「今を生きる」発売。 第一子女児誕生。
2014年:4枚目のCDとなる親子愛がテーマの話題曲、「ありのままを受け止めて」発売。
全国での講演ライブの観客総数が5万人を超え、CD売上が手売りで7千枚を突破。

講演テーマ

『親子の絆~どん底の中で見つけたヒカリ~』
ジャンル:青少年健全育成、人権教育、非行防止、児童虐待防止など
対象:子供と関わる全ての大人の方々。(PTA、教諭、補導員、保護司、市民会議など)
内容:「家族」というものが機能しなくなりつつある現代のネット社会。本来、苦しい時に助け合うのが家族なのに、苦しいときに受け皿のない、人のぬくもりを知らない孤独な人間が、自殺、虐待、非行、犯罪と悲劇を繰り返す負の連鎖が続いている。この負の連鎖を、愛情の連鎖に変えていくためには、、、。親の愛で立ち直った自身の更生体験を踏まえ、親の愛情・家族の受け皿・親子の絆の大切さ、コトバの持つ力と重要性を、歌を交えて訴える。大人が変われば子供も変わる!

『絆(きずな)~あなたはもっと自分を愛せる~』
ジャンル:薬物乱用防止
対象:子供から大人まで全ての方々。(学校、市町村、福祉関係、社会団体など)
内容:「どうせ俺は愛されていない」「どうせ俺なんてどうなってもいい」「どうせ、、、」そんな孤独で自暴自棄な感情から、薬物に走り、身も心も滅ぼし、どん底に堕ちて行った過去の自分、、、。「俺と同じ過ちを若者たちに繰り返して欲しくない!」今や学生や主婦、教師、芸能人などが乱用し、ネットでも簡単に手に入ってしまう薬物の問題を、自身の壮絶な実体験を語りながら、薬物の恐ろしさと、自分を大切にすることの大切さを歌を交えて訴える。(ダメだけでは足りない!なぜダメなのかが大事!)

『愛は夢を叶える~ネット社会を生き抜く君たちへ』
ジャンル:キャリア教育、人権教育など
対象:中学生~40代までくらいの若者(学校、企業、青年団体など)
内容:人生に希望を持てないという若者が多い原因は、このネット・携帯社会のコミュニケーション不足の中で、家族を主体とした、人のぬくもり、愛情、傷みの感覚の欠如である。人は一人では生きられないし、一人では夢すら持つことも出来ない。この社会で夢と自信を持って生きていくためには、いかに人の支えが大きな力になるかを、歌を交えながら語り、若者たちへエールを送る。

『失敗こそが最大の財産~傷だらけの中に道がある』
ジャンル:モチベーションアップ
対象:中学生~40代のくらいまでの若者(学校、企業、青年団体など)
内容:ネット社会によるコミュニケーション不足や経験不足が懸念される若者たちへ、自分のやりたいことや夢に向かって、失敗を恐れず挑戦する勇気をいかに持つか、歌を交えながら訴える。

『小中高向けスクールコンサート』
ジャンル:スクールコンサート、音楽鑑賞教室など
対象:小中高校生
内容:音楽中心のスクールコンサートや音楽鑑賞教室として開催しています。歌の間のトークでは、愛や夢の大切さを分かりやすくお話しします。

講演会の進行例
歌1:ふるさと(童謡)、トーク:震災のお話 
歌2:絆(オリジナル:絆の歌)、トーク:自己紹介と過去のお話(幼少期から非行に走っていった経緯)
歌3:今を生きる(オリジナル:愛の歌)、トーク:人生が変わったきっかけのお話(親の愛に気付いた出来事) 
歌4:コトバ(アカペラオリジナル:コトバの歌)、トーク:みんなへのメッセージ(愛・夢・コトバの大切さ) 
歌5:Life is journey(オリジナル:みんなの夢への応援歌)、みんなで歌の練習(エコライフ)       
歌6:エコライフ(オリジナル:エコソング)(生徒手拍子とみんなでサビだけ合唱)
講演実績
北海道倶知安町後志地域精神保健講演会
青森県上北郡東北町青少年健全育成町民大会
宮城県仙台市青少年健全育成講演会
山形県米沢市青少年育成市民大会  
群馬県高崎市立群馬中央中学校親子セミナー
青少年健全育成 茨城県推進大会
栃木県黒羽刑務所
埼玉県川越市児童虐待防止講演会
関東地方保護司代表者協議会講演会
千葉県八街市内全中学校スクールコンサート
東京都青少年の健全育成に関する研修会
神奈川県小田原城北工業高校薬物乱用防止講演会
新潟県青少年健全育成県民大会
山梨県南都留郡西桂町立西桂中学校
長野県松本地区保護司会60周年記念大会
静岡県島田市明るく安心して暮らせるまちづくり市民大会
愛知県豊橋市青少年健全育成のつどい
岐阜池田神戸ライオンズクラブ講演会
富山県少年補導委員等合同研修会
三重県いなべ市立藤原中学校人権教育講演会
滋賀県近江八幡市伝えよう熱い想い講演会
京都府保護司会連合会特別研修会
大阪府八尾市社会を明るくする運動記念大会
兵庫県姫路市非行防止大会
和歌山県更生保護制度65周年記念大会
岡山県津山市立津山東中学校スクールコンサート
広島県青少年育成世羅町民会議講演会
徳島県ふるさと青少年のつどい
鳥取県鳥取市社会を明るくする運動ふれあい講演会
島根県子ども若者支援特別講演会
福岡県柳川市立昭代中学校 
(他実績多数あり)
主なCD
CDシングル「BIRTH」(2007年)
CDアルバム「SOUL VOICE」(2009年)
CDミニアルバム「今を生きる」(2012年)
CDシングル「ありのままを受け止めて」(2014年)
著書「よみがえれ、魂の歌声~覚せい剤地獄から生還したヴォーカリストの記録~」
(主婦と生活社2010年7月30日発売)
主な出演
AM岐阜ラジオ「土曜ラジオかわら版」にてレギュラー出演。
岐阜FMわっちラジオ「杉山裕太郎 魂のバラード」1年間放送。
NHKニュース「おはよう日本」特集。
NHK名古屋総合テレビ「さらさらサラダ」ゲスト出演。
TBS「ひるおび」  
週刊女性「人間ドキュメント」(主婦と生活社)に特集掲載。
「Business Media 誠」、「yahooニュース」に杉山裕太郎の半生が前後編で連載。

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail