pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 宮川花子(みやがわはなこ)

講師のご紹介

宮川花子(みやがわはなこ)

漫才師

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1955年8月28日生まれ、大阪府出身。
宮川大助氏と夫婦漫才の頂点に立つコンビ。
1979年、大助氏が妻である宮川花子を誘い「宮川大助・花子」を結成する。当初は大助氏がよく喋り、宮川花子が相槌を打つ役割であったが、周囲の勧めもあって現在の形に変更して評判になる。 その後上方漫才の賞をいくつも獲得し、現在の地位を確立。
1988年胃の手術をした宮川花子は、後に胃がんだったと告白。また1990年には大助氏が、のどのポリープを切除、95年には胆石手術もする。色々なことがあったが、病気とともに夫婦の危機も乗り越え、仲の良い夫婦漫才として活躍中。2006年、結婚30周年(真珠婚式)を迎える。

講演テーマ

『花子流家庭円満論』
『花子の生き生きライフ』

受賞
NHK上方漫才コンテスト 優秀努力賞(1979年)
上方お笑い大賞 銀賞(現・最優秀新人賞)、金賞、大賞
上方漫才大賞 新人賞、奨励賞、大賞
花王名人大賞 新人賞、名人賞
ほか多数
書籍
「親の顔が見てみたい?」(エンターイレブン)
「愛を見つけた-大助花子のおやオヤ日記」(朝日新聞社)
「空飛ぶ魚」(大助・花子)
「絵本昔ばなし」(東方新社)

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail