pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 斎藤精一郎(さいとうせいいちろう)

講師のご紹介

斎藤精一郎(さいとうせいいちろう)

社会経済学者・エコノミスト、NTTデータ経営研究所所長

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1940年(昭和15年)3月28日東京生まれ。
1963年東京大学経済学部卒業後、日本銀行勤務を経て、1972年立教大学社会学部助教授、1973年同大学社会学部教授、、2005年からは千葉商科大学院教授を務める。1991年よりNTTデータ経営研究所取締役所長を兼任、現在に至る。
専門の社会経営学・経済政策・金融論を中心にエコノミスト・社会経済学者として幅広い論評活動を展開、テレビなどのコメンテーターも務める。

講演テーマ

『これからの日本経済を読む』
『~斎藤精一郎の経済・景気診断~日本経済の先行きを診断する!』

委員など
大蔵省金融制度調査会ディスクロージャ委員会委員(1993年)
通産省産業構造審議会小委員会委員(1973~75年)
運輸省運輸政策審議会専門委員(1971~75年)
運輸政策審議会専門委員(総合交通体系)(1975年4月~80年3月)
国民生活審議会専門委員(国民生活ヴィジョン)(1975年4月~80年3月)
内閣官房内閣調査室研究会委員(日本経済)(1976年4月~)
東京都参与(1997年5月~98年3月)
書籍
「斎藤教授の日本経済入門」(ダイヤモンド社)2002年
「2003年日本経済非常事態宣言」(日本経済新聞社)2002年
「ゼミナール現代金融入門」(日本経済新聞社)2003年
「マネー&パワー-ビジネスの歴史」翻訳(東洋経済新報社)2003年
「ビジュアルde入門 30分でわかる金利と為替」(実業之日本社)2003年
「痛快!新しい金融学」(集英社インターナショナル)2004年
「日本経済 完全復活の真実」(ダイヤモンド社)2004年
「新「成長経済」(ニューグロウス)の構想」(日本経済新聞社)2004年

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail