pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 紺野美沙子(こんのみさこ)

講師のご紹介

紺野美沙子(こんのみさこ)

俳優/国連開発計画(UNDP)親善大使

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

東京生まれ。
1980年、慶應義塾大学在学中にNHK連続テレビ小説「虹を織る」のヒロイン役で人気を博す。
「武田信玄」「あすか」など多数のドラマに出演。
舞台「細雪」(原作・谷崎潤一郎氏)では三女・雪子役を好演。
他に、「オットーと呼ばれる日本人」(作:木下順二氏)、「きんぎょの夢」(原作:向田邦子氏)、
「日本の面影」(作:山田太一氏)など、硬軟を問わず意欲的に取り組む。
テレビ・映画・舞台に活躍する一方、
1998年、国連開発計画親善大使の任命を受け、カンボジア・パレスチナ・タンザニア・東ティモール他、アジア・アフリカの各国を視察するなど、国際協力の分野でも活動中。
著書に、親善大使として訪れた国や人々について綴った「ラララ親善大使」(小学館刊)がある。
2010年秋から、「紺野美沙子の朗読座」を主宰。
音楽や影絵や映像など、様々なジャンルのアートと朗読を組み合わせたパフォーマンスや、
ドラマリーディングを全国各地で公演している。

講演テーマ

『今、私たちにできること~自分を見つめて、世界を見つめる』
『世界の為に、身近な人の為に、私にできること』
『今、私たちにできること~女優業のこと、家庭のこと、そして親善大使のこと』
『夢をもつことの大切さ~かがやいて生きぬくあなた達へ~』  
『心に響く言葉を伝えよう~朗読とともに~』
『私が見た国際協力』
『UNDP親善大使として、見たこと、感じたこと』

受賞
1980年 エランドール新人賞(映画テレビプロデューサー協会)受賞
1984年 ウーマン オブ ザ イヤー ハーレクインロマンス賞受賞
1987年 日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞
1995年 日本文芸大賞女流文学賞受賞(対象作品「空飛ぶホタテ」)

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail