pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 長谷川幸洋(はせがわゆきひろ)

講師のご紹介

長谷川幸洋(はせがわゆきひろ)

東京新聞・中日新聞論説委員/ジャーナリスト

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1953年千葉県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。
77年に中日新聞社入社。東京本社(東京新聞)経済部勤務、
ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で国際公共政策修士(MIPP)、
ブリュッセル支局長などを経て論説委員、2010年から現職。
06~09年に政府税制調査会委員、05~08年に財政制度等審議会臨時委員、
12年~13年に大阪市人事監察委員会部会長など。
07年から日本記者クラブ企画委員、13年~16年に規制改革会議委員、
16年から規制改革推進会議委員など多数の公職を務める。
著書「日本国の正体 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か」(講談社)で
09年の山本七平賞受賞。近著は「2020年新聞は生き残れるか」(講談社)。
趣味はスキー。SAJスキー指導員の資格を持つ。

講演テーマ

『安倍政権と今後の日本』
『激動する世界~日本の針路を考える』
安倍政権の重要課題とその背景、政局の内幕と今後の見通し、
日本は今後どうあるべきかについて、その時点で最もホットな政治・経済・国際情勢の深層を
首相、官房長官を含む政権中枢部への取材を加えて解説します。

<講演ジャンル:政治・時事問題、国際情勢、経済・金融問題、ジャーナリズム>

書籍
「2020年新聞は生き残れるか」(講談社)2013年11月
「政府はこうして国民を騙す」(講談社)2013年1月
「官邸敗北」(講談社)2010年5月
「日本国の正体 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か」(講談社)2009年7月
「百年に一度の危機から日本経済を救う会議」(PHP研究所)2009年2月
「官僚との死闘七〇〇日」(講談社)2008年7月  ほか
主な出演
TOKYO MX(DHCシアター)「ニュース女子」 ※メインMC
YTV「そこまで言って委員会NP」
EX「朝まで生テレビ!」
BS朝日「激論!クロスファイア」
TOKYO MX「モーニングCROSS」
EX「ビートたけしのTVタックル」
EX「情報満載ライブショー モーニングバード!」
EX「ワイド!スクランブル」
BSスカパー!「Newsザップ」
テレビ愛知「激論コロシアム」  ほか多数
-ラジオ-
ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」
J-WAVE「JAM THE WORLD」  ほか多数
-雑誌・インターネット-
連載中:「現代ビジネス」(講談社ネットサイト)「ニュースの深層」
「週刊ポスト」(小学館)「長谷川幸洋の反主流派宣言」
「現代ビジネスブレイブ」(「現代ビジネス」メールマガジン)
そのほか「月刊Voice」(PHP研究所)、「中央公論」(中央公論新社)など寄稿多数。

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail