pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 進藤勇治(しんどうゆうじ)

講師のご紹介

進藤勇治(しんどうゆうじ)

産業評論家(元通産省企画官/前東京大学特任教授)

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1951年:愛媛県生まれ
1974年:東京大学工学部卒業
1976年:東京大学工学系大学院修士課程修了、通商産業省 工業技術院 入省
1984年:工学博士(東京大学)
1986年:米国マサチューセッツ工科大学客員研究員(国費派遣)
1995年:通産省 工業技術院 国際研究協力企画官
1996年:通商産業省 退官、会社顧問等
2008年:東京大学特任教授
2010年:進藤産業研究所 代表

TPPや産業経済問題、エネルギー・環境問題について、最新の専門情報を提供しつつ、社会の動向と産業界の課題に関して、専門的になりすぎず、丁寧でわかりやすい解説を行い、好評を得ている。また、企業の顧問として経営指導を行う他、テレビの報道・ニュース番組で解説を行っている。

講演テーマ

『TPPによる産業振興と中小企業』
『TPPの日本農業への影響と展望』
『電力自由化の新ビジネスと中小企業』

『エネルギー・環境問題と日本経済、企業の課題』
原発事故以降、日本のエネルギー政策は転換されようとしています。再生可能エネルギーや省エネルギー技術、また燃料電池や蓄電池等の新技術の特徴と技術課題、さらに将来の市場規模と産業の動向について解説致します。

『資源リサイクルと廃棄物処理、企業の課題』
様々な資源リサイクルの推進による廃棄物の削減と環境問題の解決策について、また、自治体や企業の取り組み法について、政策面、技術面から最近の動向と課題について、実例を上げながら解説致します。

『環境経営と企業の課題』
『地球温暖化問題の動向と対策課題』

主な出演
NHK教育「サイエンス」
NHKBS「学生チャンネル」
TBSテレビ「オールスター感謝祭」
テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ」
テレビ東京「NEWS FINE」
フジテレビ「ニュースな晩餐会」
フジテレビ「めざましテレビ」
大和証券テレビ(CS)「エコノミマルシェ」、他、多数
書籍
「地球環境ビジネス読本」(オーム社)
「新エネルギーシステム」(技法堂出版)
「クリーンエネルギーのフロンティア」(クリーンエネルギー研究所)
「地球温暖化を防ぐ」(日本放送出版協会)
「Expanding World of Chemical Engineering」英文(英国G&B 科学出版社)
「環境年表」(オーム社、編集幹事長)、他、多数

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail