pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 梶原しげる(かじわらしげる)

講師のご紹介

梶原しげる(かじわらしげる)

アナウンサー/東京成徳大学人文学部客員教授

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1950年生まれ。神奈川県茅ケ崎出身、早稲田大学法学部卒。
文化放送にアナウンサーとして入社。92年からフリーとなる。
バラエティーから報道まで数々の番組に出演し、
49歳で東京成徳大学大学院心理学研究科に進学、心理学修士号を取得する。
著書「口のきき方」(新潮新書)が15万部突破!
中学教科書「伝え合う言葉 中学国語1」(教育出版)に採用される。
現在は東京成徳大学経営学部客員教授(口頭表現トレーニング)/日本語検定審議委員/
日本語大賞審査委員(他に五木寛之氏など)でもある。
趣味は、劇団四季や宝塚観劇の他に、タップダンス、バイクなどがある。

2001年3月 東京成徳大学大学院心理学部卒
    7月 心理職のデイケアスタッフとしてクリニックに1年半勤務
2002年  認定健康心理士 認定カウンセラー取得
2003年  社)日本青少年育成協会に自身のカウンセリングルームを開設
      シニア産業カウンセラー取得
      (NHKEテレ 2011年10月~全4回「資格☆はばたく」が放送される)
2006年  東京成徳大学応用心理学部客員教授に就任、現在に至る
2009年~ 日本語検定審議委員に就任(他に五木寛之氏など)
2011年11月 日本気象協会日本版二十四節季選考委員に就任、現在に至る

《資格》
認定カウンセラー/健康心理士/シニア産業カウンセラー

梶原が専門とする応用心理学とは、様々な出来事と人間心理の関係、
社会現象や事故・事件の背景にある心理を読み取り「人間は、どんな場面に遭遇すると、
どういう反応を示すものか?」や「その発言の裏にある本音」を探り出し紐解いた
関連著作は40冊を超える。
また、非常勤のデイケアスタッフとして精神科クリニックに1年半勤務し、
心に傷を負った人達との交流を経て、過去に神楽坂に自身のカウンセリングルームを所有し、
相談業務を行っていた経験もある。 

講演テーマ

『「しまった!」の前にたたき込む「安全の法則」』
工場・現場を含む企業での安全衛生キャンペーン。
「安全の仕組み」を爆笑エピソードとともにしっかり身に付けていただきます。
簡単に参加で見るワークショップスタイルもお勧めします。

『風通しの良い職場作り「あなたにできること」』
上司と部下が笑顔で語り合う職場。切磋琢磨し、皆で成果を上げたくなる職場。
小さな提案が大きな成果につながる会社。
社員がぐんぐん伸びる会社を作るためのコミュニケーションとは?

『あっ!と驚く、仕事ストレスゼロへの挑戦!』
企業間の競争がさらに激化。仕事の高度化・複雑化にともない、
疲弊するスタッフの多くが何らかのメンタル不全を抱えています。
過度なストレスとどう対処すれば楽しく笑顔な職場になれるか?
爆笑トークとミニワークで、頭も心もリフレッシュ!

『幸せな人間関係を築く三つの方法!』
職場で!家庭で!ご近所で!部下と上司と取引先で!
何かと「面倒な人間関係」を「楽しいご縁」に変える方法がありました。
「会えて良かった」と喜びあえる人間関係構築のキーワードとは?

『頼れる上司と頼もしい部下』
「職場活性化のための三つの秘密」情報交流と感情交流を円滑に行えば、
個々人の個性を元気にしてくれます。
そのために必要な、たった3つの事を面白エピソードと
ミニワークを交えお届けしましょう!

『プロの社員になるための5つのレッスン!』
自身のサラリーマン経験から、企業研修では学べない「サラリーマンのプロ」
「一人前の大人社員」になるために、知っておきたい5つのことを、
分かりやすい面白映像とともに、楽しみながら身に付けてしまいましょう。
「今日、あなたはプロ社員デビュー!」

『上司を動かすことば・部下をやる気にさせる声かけ』
ことばの言い回し一つで、人は勇気づけられたり落ち込まされたり。
「上手なことば選択の方法」「好意を持って受け止めてもらえる話し方のいろは」などを、
しゃべり一筋40年の梶原しげるがお伝えします!
『リーダーシップを身につける!』
リーダーは困難に際しどうふるまったか。部下をどう取りまとめたか。
難局を乗り切る上で大事なリーダーシップを、取材であった有名無名、
様々な人物の具体的なケースとともに、リーダーにふさわしい振る舞い話し方をお伝えします。

『大人の言葉遣いが身に付くお楽しみレッスン』
お願い・依頼・お礼・承諾・お詫び・クレーム対応・催促厄介なことばを駆使する場面で
生きて来る大人の言葉遣いを、この機会に改めて身体にたたき込んでおきませんか?
ものの言い方をほんの少し変える、それだけなのです。

『ほめることば・叱ることば』
ほめると叱る・これを間違えると対人関係を損ねてしまいます。
楽しいい職場。笑いが絶えない職場。やる気に満ちた職場。
そして幸せ一杯の我が家。「いまさら」という「皿」を割って、さあ!おいで下さい!」

『コミュニケーション力アップで組織の風通しをよくする』
風通しの良い組織では、メンバー間のコミュニケーション力がスムーズです。
笑顔のあふれる組織は、個々のメンバーのコミュニケーション力が驚苦ほど優れています。
ダメな組織は、個々人の情報伝達率が低い。すなわちコミュニケーションに無頓着です。
組織を活性化させ、生産力を高めるには、組織全体のコミュニケーション力を磨き上げ、
個々人のモチベーションをアップさせることです。「口のきき方」「即答するバカ」(新潮新書)
「聞き管理」(徳間書店)のベストセラーの著者で、テレビ、ラジオの現場で活躍する
コミュニケーションの第一人者が「マル秘テクニック」を90分たっぷりとお話します。

『コミュニケーション力アップの秘策』
『コミュニケーション力を磨き育てるすごい技』
『90分でコミュニケーション力が、楽―に倍になる!』
『職場の元気はコミュニケーション次第』
『最強のコミュニケーション力を身につける!』
『みるみるコミュニケーション力がアップする!』
『聞くことを武器にしてみる』など

『やる気が100倍アップするモチべーション心理学』
心理学では、モチベーションについての重要な研究考察がなされています。
しかし、やる気を上げ、元気でめげない方法を、納得のいく理論を背景とした実践的な
話はあまりなされることがありませんでした。
わかりやすく、聞いているうちみるみる元気意図やる気に満ちあふれる90分にします。

『組織と人がみるみるやる気になる魔法の会話術』
『やる気は、頭の使い方で驚異的にアップする!』
『考え方をちょっと変えるだけで、やる気満々になる技術』など

『毎日をご機嫌に生きる、日々の言葉』
苦しいとき、悲しいとき、支えになる言葉があります。その言葉を口にするだけで、
にっこりほほえむことが出来ることがあります。
「よし、やるぞ!」と勇気を与えてくれる言葉があります。
みなさんのこころのささえになる言葉を紹介し、
あなたの人生をより実り多きものにしていきましょう。
ご機嫌に生きるメンバーの集まる組織、企業はご機嫌な元気いっぱいの成長企業となるはずです。

『「敬語」を学び直したい、全く新しい敬語講座』
「すべらない敬語」(新潮新書)、「敬語力の基本」(日本実業出版)がベストセラーになっている、
新しい敬語の第一人者梶原しげるが、これまで言われていた敬語とは、ひと味違う、
だれにもすぐわかる、目から鱗の簡単敬語術をお話しします。
これさえ聞けば、今日からあなたは敬語マスターです。

『すべらない敬語』
『敬語でつまずきたくない人へ』
『やっかいな敬語を今日一日で克服する』
『おじさんおばさん、お兄さんお姉さんのための簡単敬語の秘訣』など

『中高年マーケットを直撃!若きビジネスパーソン必聴、魔法の<老会話>』
資産が中高年、特に60才以上に集中している。お金があるのに財布の蓋をゆるめようと
しない高齢者は、あるふあんな「気分」にとらわれている。魔法の「老会話」を
習得すれば、高齢者を不安から救い出し、新しい満足をえてあなたに感謝するようになる。
高齢者も、若きビジネスパーソンも、まさにウィンウィンの関係を築き上げる、魔法の
老会話とは?!答えは90分後に!(韓国語にも訳され多くの読者を獲得した「老会話」
(東洋経済新報社)の著者が、フィールドワークの中から書き下ろした「老会話」。
そこから、中高年マーケット攻略のヒントを、山ほど見つけ出し、実践することが出来ます。

『プロのしゃべりのテクニック大公開、あなたも使え!』
日経ビジネスのオンラインで常にベスト5の上位にランクされる好評のコラム。
「プロのしゃべりのテクニック」。日経BP社からおなじタイトルでDVDのついた
ムック本も大好評。プロの技が惜しげもなく公開されている。
そこから、選りすぐりの技、しかも、即座に憶え、実際の仕事に明日から使える
テクニックを伝授します。目の前で具体的に、ワークを入れながら。
あがりの克服、自己紹介から、プレゼン、セールス、講演、朝礼の挨拶 自己紹介、
電話の受け答えに至るまで、「これでもか!」といわれるほど、懇切丁寧に「仕事」の
ノウハウをお教えします。20代から30代のビジネスパーソン必聴です。

『大学生のためのキャリアデザイン。自己発見の中から豊かな未来を切り開く技術』
他社よりも早く優秀な生徒を押さえておきたい企業。採用人数を抑制しつつも、
優秀な人間だけを選び抜こうと目を輝かせる企業。一方、企業の採用手控えトレンドの中、
大学側は一人でも多くの学生をいち早く一流企業へ就職させたいと焦っている。
こんな状況を大学生はどう乗り越えたらいいのか具体的処方箋を提示します。
大学生活を謳歌するまもなく、自分とは何者かを考える暇もなく就活に明け暮れるだけで
良いのか?貴重な20代前半をより実りあるものにするために。
自分で納得のいく職業選択をするために求められているのが「キャリアデザイン」です。
キャリアカウンセリングに詳しい、シニア産業カウンセラーの梶原しげるが、
後悔しない人生選択の戦略を、笑いと感動とともにお届けします。
その一方で、アピールの苦手な若者達に、手取り足取り、自己紹介から具体的、
実践的に教えていきます。

『30代からのキャリアの積み方』
30代。そろそろ管理職世代。これまでとは違った働き方。
同僚、部下、上司との接触のし方。顧客とのコミュニケーション。
自己採点に基づき、どこを変えていくことで、豊かな40代を迎えることが出来るのか。
40代から、50代、60代と、困難なリーマンショック以後のこの時代を生き抜く
知恵とスキルをお伝えします。
30代なら出来て当然と思われているコミュニケーション方法、聴き方話し方など、
実践的な場面も学習して頂きます。

『40代をどう生きる』
人生の折り返し地点といわれるが、会社人生はあと10余年。
会社に残り、役員を目指すのか?
目指すどころか、肩を叩かれる可能性大の世代が、どう生き残るのか?
サバイバル世代の考え方、対処法を実例を挙げてお話しします。
早期退社か?転職か?起業を目指すのか?その時、家族は?親は?そして人生の夢は?
希望と悩みが交錯する40代の人生設計をどうする?
「40代、汗と涙と笑いのキャリアデザイン」(大和書房 仮題)の著者で、
キャリアカウンセリングに詳しい、シニア産業カウンセラー梶原が、
実践的で役に立つ豊富なエピソードを元に、笑いと感動で伝えていく。

『キャリア戦略から生涯学習を考える』
<退職後>が具体的に見えてくる世代は、漫然と定年の日を待っているわけにはいかない。
かつてのように十分な退職金、年金がだれにも自動的に給付される時代は終わった。
本格的な人生選択が迫られたとき、どう決断すべきか。
年金のほんかく給付までの5年をどうする?
家族と、親と、そして、地域との関係を改めて見直す日は目の前だ。
定年は学び直ししの大チャンス。
伊能忠敬も50を過ぎて(当時の50才は今の60才以上だ)天文学を学び、
のちに日本初の全国地図を作り上げたのは有名な話だが、
それ以外にも、人生の晩年に、本当にやりたかったチャレンジした人間は意外に多い。
キャリアカウンセリングに詳しいシニア産業カウンセラーで、自らも50才で大学院に入学、
それを機にベストセラー作家になった梶原しげるが、実例を挙げながら、
実践的な解決策を提案する。あなたにも、明るい未来が待っている!

『気の持ちようで寿命が変わる』
タイプA、タイプB、タイプC。血液型占いのことではない。
健康心理学で言われる、性格と病気の関係を説明する時に使われる類型化のひとつだ。
心理が行動に表れ、行動が健康に関わり、それが寿命とおおいに関係がある。
元気に生きるには、どんな考え方をすればいいのか?
健康心理士で、シニア産業カウンセラーとして活躍する梶原が、心と体の健康、
職業人生の極意を実践的、実用的に話していく。

『ストレスに負けない体と心の作り方』
3万人を超える自殺者のほとんどが程度の差はあれ、ウツに悩まされていました。
メンタルヘルス維持は、企業が、個人が、意図的に取り組まなければならない問題です。
インフルエンザ予防にワクチンが有効なように、ストレス耐性を高め、
メンタルヘルスの低下を予防する。ワクチン接種のための90分にしてください。

『ウツにならない、考え方をお教えします』
『気分コントロール法を学ぼう』
『今日からできるメンタルヘルス』
『甲斐社と社員を救要。メンタルヘルスをどうする?』など

書籍
「おとなの雑談力」(PHP文庫)2016年10月
「会話のしくじり」(ソフトバンク新書)2016年8月
「不適切な日本語」(新潮新書)2016年5月
「まずはドジな話をしなさい」(サンマーク出版)2016年1月
「新米上司の言葉かけ~「困った」いまどき社員を変える30のルール」(技術評論社)2015年4月
「会話のきっかけ」(新潮新書)2014年10月
「その物言い、バカ丸出しです」(角川SSC新書)2014年3月など

言葉やコミュニケーション、心理学の著作本を30数冊出版。
「口のきき方」(新潮新書)は15万部のベストセラーとなり中学国語1(教科書)に採用される。
主な出演
MXテレビ「5時に夢中」 不定期「ゴジム コミュニケーション道場」
ラジオ山梨放送「しゃべくりはみだしラジオキックス」毎週月曜日13:00~16:30
日経Bizカレッジ「梶原しげるのプロのしゃべりのテクニック」
※閲覧回数3千万回突破!アクセスランキング「コラム連載」部門で第1位
-連載-
月刊FCC REVIEW「梶原しげるのビジネスに効く!会話のヒント」連載
公明新聞日曜版「話し方レッスン」連載

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail