pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 屋山太郎(ややまたろう)

講師のご紹介

屋山太郎(ややまたろう)

政治評論家

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

福岡県出身。産経新聞の「正論」欄、静岡新聞「論壇」を三十年余に渡り執筆中。月刊誌「WILL」の連載コラム担当、ほか「正論」、「VOICE」、などに常連執筆。2002年第17回「正論大賞」受賞。「たけしのTVタックル」にコメンテーターとして出演。

-職歴-    
1959年 時事通信社入社、政治部へ配属
1965年 ローマ特派員(3年) 帰国後政党担当の後、首相官邸キャップ
1977年 ジュネーブ特派員(4年) 帰国後、解説委員兼編集委員
1987年 退職

-公職-    
1981年 第二次臨時行政調査会(土光臨調)に参画
     引き続いて、第一次~第三次行政改革推進審議会専門委員
1984年 臨時教育審議会専門委
1998年 選挙制度審議会委員
2007年 年金記録問題検証委員、公務員制度改革懇談会委員

講演テーマ

『日本の政治・経済はどうなる』
『政治改革は日本をどう変えるか』
『転機に立つ日本』

書籍
「日本の政治はどう変わったか」(PHP研究所)
「国鉄に何を学ぶか」(文芸春秋社) 
「世直し減税革命」「官僚亡国論」(いずれも新潮社)
「責任者出てこい」(PHP出版)
「私の喧嘩作法」(扶桑社文庫)
「自民党「橋本派」の大罪」(扶桑社文庫)
「なぜ中韓になめられるのか」(扶桑社)
「日本の教育 ここが問題だ!」(海竜社)
「天下りシステム崩壊」(海竜社)
「屋山太郎が読み解く橋下改革」(海竜社)
「安倍政権で再び大国を目指す日本―価値観外交とTPPが成長のカギ」(海竜社)
「それでも日本を救うのは安倍政権しかいない」(PHP研究所)
「安倍晋三興国論」(海竜社)
「日本人としてこれだけは学んでおきたい政治の授業」(PHP研究所)
「安倍外交で日本は強くなる」(海竜社)

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail