pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 越智直正(おちなおまさ)

講師のご紹介

越智直正(おちなおまさ)

タビオ株式会社代表取締役会長

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1939年愛媛県東予市生まれ。15歳で大阪の靴下問屋に丁稚奉公。1968年に靴下卸売業「ダンソックス」を創業したが、5年目に借金が7,000万円まで膨らんだのを契機に「売れるものを売れるだけつくる」というQRの原理を思いつく。1977年株式会社ダンを設立し代表取締役に就任。その後、自ら販売を行うことを決意し、1982年に神戸に直営店をオープンさせ、1984年には「靴下屋」フランチャイズの一号店(福岡県久留米市)をオープン。靴下に対する情熱をエネルギーに、独自の情報システムを構築し、直営・フランチャイズ店合計221店舗(2000年11月末時点)になるまで急成長している。2000年、大証2部上場。 2002年3月には英国ロンドンに海外初となる店舗をロンドン・キングスロードに「TABIO(タビオ)」として開店。2006年9月1日に社名を「ダン」から「タビオ」に変更。現在では、「靴下屋」「靴下屋インターナショナル」「靴下屋フレンズ」「マイティーソクサー」「クラシカ」「ショセット」にわたり、マーケットの規模や特性に応じて、多様化される消費者のあらゆる要望に応えられるように、きめ細やかな事業展開を行っている。世界に通用する靴下総合企業を目指す。

講演テーマ

『なにわ商人の原点と企業改革』
『一品入魂、商人道』
『不況でもこうすれば売れる~勝ち続けるダンの戦略』
『私の経営観』
『工場、卸、小売の三者鼎立こそ商売の基本』
『知識集約型産業』

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail