pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 林真理子(はやしまりこ)

講師のご紹介

林真理子(はやしまりこ)

作家

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

昭和29年:(1954年)4月1日、山梨県に生まれる。
昭和51年:日本大学芸術学部文芸学科を卒業。
コピーライターを経て、
昭和57年:エッセイ集「ルンルンを買っておうちに帰ろう」を出版。
昭和59年:処女小説「星影のステラ」が直木賞候補に選出されたことを機に執筆業に専念。
昭和60年:「最終便に間に合えば」「京都まで」により第94回直木賞を受賞。
平成 7年:「白蓮れんれん」により第8回柴田錬三郎賞を受賞。
平成10年:「みんなの秘密」により第32回吉川英治文学賞を受賞。
平成12年:直木賞選考委員に就任。他、数々の文学賞の選考委員を務める。
平成23年:レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ受章。

講演テーマ

『小説を書く時間』
『私の仕事から』

書籍
「ミカドの淑女」「素晴らしき家族旅行」「女文士」「幸福御礼」「不機嫌な果実」「着物をめぐる物語」「死ぬほど好き」「花探し」「ミスキャスト」「初夜」「花」「20代に読みたい名作」「聖家族のランチ」「年下の女友だち」「ミルキー」「野ばら」「anego」「アッコちゃんの時代」「ウーマンズ・アイランド」「秋の森の奇跡」「グラビアの夜」「RURIKO」「もっと塩味を!」「私のこと、好きだった?」「下流の宴」「本朝金瓶梅」「秘密のスイーツ」「桃栗三年美女三十年」「中年心得帳」「アスクレピオスの愛人」「六条御息所源氏がたり」「野心のすすめ」「美女と呼ばないで」「美女入門金言集」「正妻」「決意とリボン」「出好き、ネコ好き、私好き」「フェイバリット・ワン」等。

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail