pagetop
  • HOME >
  • 講師 >
  • 川村晃司(かわむらこうじ)

講師のご紹介

川村晃司(かわむらこうじ)

テレビ朝日コメンテーター

講師料金

  • ※講演料金はあくまでも目安です。
  • ※講演料金のグループ分けは自治体で無料催事、講師起点より近郊、日帰りの基本料金です。
  • 日程などにより変動がありますので、詳細はこちらからお問合せください。
  • Aグループ:10万円~30万円
  • Bグループ:30万円~50万円
  • Cグループ:50万円~80万円
  • Dグループ:80万円~100万円
  • Eグループ:100万円~130万円
  • Fグループ:130万円~160万円
  • Gグループ:160万円~
  • Hグループ:要相談

経歴

1950年青森県生まれ。
早稲田大学文学部卒業後、テレビ朝日入社。
1984年~1989年までカイロ支局長を務め、イラン・イラク戦争を最前線で取材。
帰国後、1989年中国天安門事件を現地リポート、1991年の湾岸戦争勃発時にはバグダッドで105日間の長期取材を敢行した。以後「ニュースステーション」報道デスク、ニューヨーク特派員を経て、1999年~2000年コロンビア大学客員研究員。現在は「やじうまプラス」のほか「ワイド!スクランブル」など、各番組で特に外交、政治経済に強いコメンテーターとして活躍中。
2004年-現在、立教大学非常勤講師(政治とメディア)
2009年-早稲田大学非常勤講師
2011年-明治大学特別招聘教授
ドキュメンタリー企画「シリーズ特集・老い…」でギャラクシー賞、「今、我が子は」で民放連賞受賞。

講演テーマ

『政治とメディアの品格』
『日本政治の正体』
『政治とメディアから読む日本』
『ワイドショー政治の功罪』
『戦場記者がみた世界の真実』
『ワイドショー的時事講座』
『世界から見た日本人』
『メディア社会~時代とその責任』

主な出演
テレビ朝日「ワイド!スクランブル」
テレビ朝日「やじうまプラス」
テレビ朝日「スーパーJチャンネル」
朝日ニュースター「愛川欽也のパックイン・ジャーナル」
ほか
書籍
「戦場記者の10年」(テレビ朝日出版)
「俺たちの原点」共著(講談社)
「「イラク戦争」検証と展望」共著(岩波書店) 
「アラファト議長の素顔」共著(月刊アラブ)
「伝えきれなかった真実~映画が語る世界の裏側」共著(宝島社)

-連載-
宝島社「この映画がすごい!」
ノンフィクション携帯マガジン「hipopo/よくわかる 激震!世界情勢」
週刊朝日「目キキ&耳キキ」映画評コーナー
CREDIT AGE「政治エッセー・世事雑記帳」時事通信

この方に講師を依頼・相談する

  • tel 06-6838-7598
  • fax
  • mail